2017年2月9日木曜日

聖書は、必ずしも2014~2015年とは特定していないものの、世界は近い将来「大患難期」に入ると明確に予言している。(2)


 

 

『続 未来からの警告』 ジュセリーノ予言集2

ジュセリーノ・ノーブレガ・ルース / サンドラ・マイア

たま出版 200845

 

 

 

<カナリア諸島の噴火と津波>

・独立した災害として注目すべきなのは、カナリア諸島にあるパルマにある火山が噴火して山が海に崩落するために起きる大津波である。被害が大西洋全域に及ぶため、ブラジルでも非常に注目されている予言である。

 

1949年に最後の噴火を起こした際、水蒸気爆発のためコンプリ・ビジャの尾根の西半分が数メートル大西洋の方にすり落ちたといわれる。今度はそれが海の底に落ちてしまうということにある。このとき、崩れ落ちる土砂の大きさは、容積的には、おそらく富士山が一つ海に落ちて行くのに近いと思われる。

 

・この大災害の予言は、随分初期に出ているようで、先の文書から1972年には、警告書簡を送っているようである。これ以後さまざまな国の政府や科学者に文書が送られ、最近になって各国のマスコミや研究者が科学的シミュレーションを発表しています。

 

・興味深いことにその内容はジュセリーノ氏の予言に非常に近いのである。その一例は次のようにレポートしている。

 

・最初に発生する津波の高さは、9百メートルであるという。これが大西洋に広がっていくのだ。まず1時間後に、アフリカ大陸西岸を最大百メートルの津波が襲う。3時間後には、スペインの海岸に回り込んで減衰した5メートルの津波が届く。しかし、真正面から大陸に向かった津波は、50~百メートルの高さで南北アメリカ大陸に向かう。

 

6時間後に北アメリカ東岸全域に10メートル。南アメリカには15メートル、そして、またイギリスにも5メートルの津波が及ぶという。地形によってはさらに高くなるところもでる。この予測は2004年に科学者によって計算された数値である。

 

・これらの警告情報をアメリカは宇宙人からのメッセージとしてすでに受け取っていると言っていることである。

 

 

 

『未来を透視する』  ジョー・マクモニーグル

ソフトバンク・クリエイティブ    20061226

 

 

 

<遠い未来の日本>

<千年先の未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える>

・千年先のはるか遠い未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える。今日の日本からは大きく様変わりしているようだ。

 

・残っているのは、現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない。三つの都市は、まるで水晶かガラスでできているようで、宝石のように日の光を浴びて多種多様な色を帯びている。

 

・日本は未来の地球でも、すこぶる順調に繁栄しているという感じを強く受ける。現在の私たちが塵に返ったあとも、日本文化は長期にわたって生き永らえていくことだろう。

 

<ジュール・ヴェルヌの未来透視>

・ヴェルヌはフランスのナントで1828年に生まれ、1905年に亡くなった。小説を書き始めたのは、1863年からで、SFというジャンルの土台を形作った。

 

・作品の中で、ヴェルヌは、都市や発明品など、先見的な未来描写をふんだんに展開して見せた。あらためて読み返すと、その多くが実現していることに大いに感嘆させられる。

 

・たとえば、『海底二万里』では、潜水艦、アクアラング、自動小銃、テレビ、宇宙旅行、間接照明、大規模な養魚場、暗視ゴーグル、電子時計、電子調理器、電流による塩水分離、双胴船が語られている。現在ほぼ全ての潜水艦で導入されているロックアウト水密装置室までが描写されている。最近では、遺稿として存在が知られていた『20世紀のパリ』も出版されている。

 

・その内容は、現在の世界を驚くほど正確に描写している。地下鉄による移動、ガソリンで走る自動車(燃焼エンジンは1889年の発明)、電話とファックスによる通信、計算機とコンピュータ、電子音楽のコンサート、それから「みんな文字は読めるが読書はしない」「ラテン語とギリシャ語は学校で教えられていない」

 

・「フランス語には好ましくない英語の言葉がたくさん侵食している」「社会はお金に支配されている」「ホームレスが街路をさまよっている」「官僚が運営する警察国家である」「光や広告が街を満たしている」といった社会描写が見られる。電気椅子の発明まで予言しているのである。

 

・ヴェルヌの作品には、執筆当時の社会の技術水準を凌駕するアイデアがふんだんに盛り込まれている。まるで実際に未来を訪れて見てきたことを書いているようだ。どうしてそんなことが可能だったのだろう。

 

 

 

 『口語訳  遠野物語』

柳田國男  河出書房出版社   19927

『遠野物語』は、1916(明治43)年に出版された日本民俗学の誕生を告げる記念碑的な本。

 

<魂の行方>

・土淵村の助役 北川清という人の家は、字火石(あざひいし)にあります。代々山伏で祖父は正福院といい、学者で著作も多く、村のために尽したんです。

 

・その清の弟で福二という人は、海岸の田の浜へ、聟に行きましたが、先年(明治29年)の大津波にあい、妻と子どもを失いました。その後は、生き残った二人の子供とともに、元の屋敷あとに小屋を作り、一年ばかりそこにおりました。

 

・それは夏の初め、月夜の晩のことでした。福二は、便所に起きましたが、便所は遠く離れたところにあり、そこまで行く道は、波の打ち寄せるなぎさです。

 

・霧の一面に広がる夜でしたが、その霧の中から男女の二人連れが近づいて来ました。見ると女は、たしかに亡くなった自分の妻です。福二は思わず、その跡をつけて、はるばる船越村へ行く岬の、洞穴のあたりまで追いました。

 

・そこで妻の名を呼びますと、女は、ふり返ってにこっと笑いました。男のほうを見ますと、これも同じ里の者で、津波の難にあって死んだ人です。なんでも自分が聟に入る前、互いに深く心を通わせていたと聞いていた男です。

 

・「いまは、この人と夫婦になっています」と、女が言うものですから、「子どもはかわいくないのか」と言いますと、女は、少し顔色を変え、泣きだしてしまいました。

 

・死んだ人と話をしているようには思えず、現実のようで悲しく、情なくなりました。うなだれて足元に目を落としているうちに、その男女は再び足早にそこから立ちのき、小浦へ行く道の山陰をめぐって、見えなくなってしまいました。

 

・少し追いかけてもみましたが(相手は死んだ人なのに)と気づいてやめました。それでも、夜明けまで、道に立っていろいろと考え、朝になってからやっと小屋に帰りました。福二はその後もしばらくの間、悩み苦しんだということです。

 

(明治29年の大津波(明治三陸地震))

・明治29615日(旧暦55日)夜8時ごろ、岩手県を中心とする三陸沿岸を襲った大津波のことです。波高は、38.2メートルを記録し、溺死者は22千人といわれ、最大級の津波でした。とくに、大槌町では、日清戦争の凱旋記念花火大会が行われていて、一瞬のうちに全滅という惨状だったといいます。

 

<山田の蜃気楼>

・海岸の山田では、毎年蜃気楼が見えます。いつも外国の景色だということです。それは、見たこともない都会のようです。道路をりっぱな馬車がひっきりなしに通り、人の往来もびっくりするほど多いそうです。家の形など毎年少しも違いがないということです。

 

 

 

Voice Style Plus The Year of 2012

ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース 

 VOICE  2008年8月

 

 

 

<ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予知夢>

・「地球の未来は、神の手の中にあるのではなく、私たちの手の中にあります」予知夢を見始めるようになる1年半位前に、ある不思議な体験をしました。

 

その体験以降、予知夢を見るようになりました。そして、だんだんと予知夢は、神からのメッセージ、神からの情報だと思えるようになったのです。当然、夢のほとんどは、悲惨な事件などで占められていました。

 

・私が見る予知夢は、現実にそれが起こっているような臨場感を伴っています。それはまるで、その現場に立ち会っていると錯覚してしまうくらい、現実感があるのです。周囲の人々は、私の存在には気付かず、透明人間のような姿でその場に居るとでもいったらいいでしょうか。

 

・しばらくすると、助言者の低い声が聞こえてきて、様々な情報を教えてくれます。何処の誰に、どんな内容の手紙を送るべきというような具体的なアドバイスも届けられます。

 

・助言者は、いつも同じ男性で、私にとっては神や精霊のような存在です。彼の導きのおかげで、危険なシチュエーションに面しても、夢の中では恐怖を感じることはありません。

 

・また、毎日の平均睡眠時間も3時間程度と少ないのですが、体もしっかりケアをされており、疲れなどを感じることもありません。基本的に、週に6日間、1晩に9つの違う夢をメッセージとして受け取ります。

 

・ブラジルの予知能力者、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏。30年以上にわたって、世界中に送り届けた予知夢の警告レターは9万通以上。そして、その的中率は、9割という驚異の確率。

 

・過去において、一番多く同じ夢を見たケースは、20041226日に起きた「スマトラ沖地震」でした。20万人以上の被害者を出したこの大きな惨事の夢は、実際にその日が来るまで、何度も見ていました。

 

・このように、30年以上も手紙を出し続けている理由は、決して人々に恐怖を与えるためではありません。未来に起こるであろう災害や悲惨な事件から、一人でも多くの人を救いたいから。

 

・例えば、「昭和天皇崩御」、「地下鉄サリン事件」、「新潟県中越地震」、「長崎市長銃殺事件」など多くのものがありますが、中でも一番記憶に残っているのが、1995年の「阪神・淡路大震災」でしょうか。これは実際に起きる16年も前の1979年に、ブラジルの日本大使館に予告の手紙を送っています。

 

・特に政治問題や国の政策にかかわることを、1通の手紙の力だけで変えようとするのは、不可能に近いことなのかもしれません。

 

・今後、数年間、世界の各地において「地震」をはじめ、いくつかの破壊的な力を持つ自然災害が起きるでしょう。また、2010年に「アメリカ経済の崩壊」を境に、各国がその影響を受け、「深刻な景気後退・ハイパーインフレ」が始まります。

 

・さらには、「エネルギー問題」「地球温暖化」「鳥インフルエンザの拡大」「新型の疫病」などが挙げられます。その中でも、一番懸念されるのが「水不足」です。

 

・水不足は今後、日本を含むアジア、アフリカで、大きな問題になってきます。その大きな原因は、地球温暖化による干ばつが挙げられます。

 

・私は1971年に、「2023年には、世界の3人に1人は水不足に苦しむだろう」、そして、「2024年には、100mlの水は、石油1バレルより価値を持つようになる」と警告しています。近い将来、お金より価値が出てくる水をめぐって、対立や戦争が起きるかもしれません。

 

・悲しいことに人間には、「身を以ってイベントを体験することでしか変われない」という面もあるのです。けれども、「2043年の未来像は今からでも変えられる」、皆さんがそう信じることから、新しい地球の未来は、始まるのです。

 

 



■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

2014年何か大変なことが中東に起こったのでしょうか。イスラム国が201413日に独立宣言をしています。また2014629日にはカリフ宣言をしています。イスラム国の壊滅には、まだ時間がかかるようです。イスラム国の破壊の犠牲者や、シリア内戦の犠牲者や難民にとっては、2014年は「大患難期」でした。今はいわば世界の難民や移民の「大患難期」なのかもしれません。筆舌に尽くしがたい状況のようです。テロの影響は世界的に拡散しましたし、難民はヨーロッパやアメリカで大問題となっています。「大患難期」は、一層拡大していくのかもしれません。ISが壊滅してもテロリストは拡散していくといわれます。トランプ大統領がどのような中東政策をとるのかが注目されています。中東問題は私たち一般人には、理解不能なことが多いようです。

 

・インターネット情報によると「アメリカのトランプ次期大統領は大統領選挙で現在テルアビブにある大使館をエルサレムに移すと公言し、選挙後もトランプ氏の側近が「大使館の移転は最優先で行う」と述べるなどイスラエル寄りの姿勢を鮮明にしています」とのこと。トランプ大統領の中東政策により大きな混乱が起こることが懸念されています。

 

・トランプ大統領の娘婿がユダヤ人で トランプの娘もユダヤ教に改宗しているといわれます。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でみるとトランプ大統領の宗派は「長老派教会」となっています。それはキリスト教のプロテスタント、カルヴァン派の新派とされています。やはり、ユダヤ、イスラエルとの強いつながりが窺えるといわれます。イランとイスラエルの対立など、中東には第3次世界大戦に発展する火種は多くあるといわれます。トランプ大統領は「対立分断政策」を強力に推進していくのかもしれません。米国のマクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が大激減する」というのがあります。また「貧者の核兵器」といわれる生物化学兵器がそのときには大量に使われるといわれます。20世紀にはノストラダムスの大予言とか第3次世界大戦に関する予言は多くありました。ところが21世紀になり、それらの予言が全て誤りの予言となり、メディアも沈黙しました、しかし、そろそろ第3次世界大戦の予言の本も増えてきているようです。米中核戦争の懸念がささやかれています。

 

・現代最高の予言者といわれるアメリカのジーン・ディクソンによりますと「1995年に中東で大事件勃発。米英仏や日本等、10か国が連合軍を結成。1999年に連合軍が中東に侵攻。それに対してソ連が核戦争を仕掛け、全人類の生存が危ぶまれる大戦争が開始される。2005年には、両陣営が力を失ったとき、中国が世界制覇に乗り出す。これに対して連合国も応戦し、2020年にはハルマゲドンで最後の戦闘が行われる。2020年から2037年の間に、ユダヤ人は真のキリストの再臨を迎える。その後世界は真に光り輝く時代に向かう」とのこと。これからも多くの「予言」が世界中でなされることでしょう。

 

・ちなみに、インターネット情報によりますと、胡散臭い、トンデモ予言として「2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催されない予言」というものがあるそうです。出所は雑誌『ムー』のようです。理由は、「アメリカ大統領制の終了による混乱」「ユダヤ教第三神殿の建設による中東の戦争」「第5次中東戦争勃発」等のようだといわれます。荒唐無稽、奇妙奇天烈、支離滅裂、眉唾物で疑念がわきます。フェイク(偽)・ニュースが世界的にはやっているといわれます。当たらない予言は全てフェイク(偽)・予言になるのでしょうか。

 

・バハマで見られたフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOは、『悪魔の船』だったのでしょうか、それとも“神々”でも搭乗していたのでしょうか。

 

・このようなアストラル界の住人が人間の姿を装い地上の人間とコンタクトする幽霊の話は、日本でも昔から多いようです。アストラル界の住人を幽霊として、変性意識状態で知覚するようです。空飛ぶ円盤や異星人とのコンタクトを通じて超能力がつく場合があるそうです。異星人そのものが超能力を持っている場合が多いといわれます。

 

・「ドイツ語は悪魔の言葉」だそうですが、悪魔だったら幽霊でもでるのでしょうか!?霊能力者は、通常、人が見ることのできない幽霊も見れるでしょうが、『幽霊のハンス』は、当時の米軍部隊内でも有名だったそうです。

 

・アストラル界の存在で幽霊としてか見えないような存在が人間の姿を装い地上にワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)やその他の形態で出てくることは「アバブ・トップシークレット」のようです。人間の背後霊や守護霊も宇宙人が憑依したものかもしれません。

 

・『幽霊のハンス』は、ヒトラー・ナチスが崇拝したという金髪碧眼の『アーリアの超人』たちとは関係があるといわれます。異次元視力が発達した人か意識の変性状態でないと幽霊は見えないのかもしれません。普通の人でも幽霊との遭遇話は世界的に多いようです。

 

・「ブラジルの予言者ジュセリーノは四川大地震も的中させていた!彼の予知は「夢見」というかたちで行われる。未来に起こるであろう出来事を夢で見て、その内容を関係者や当局へ手紙で知らせ警告を発するのだ。その記録は地元の郵便局や登記所に残している」といわれます。

 

・ジュセリーノは、未来の出来事を夢で見て、その内容を関係者や当局へ手紙で知らせ警告を発して、その記録は地元の郵便局や登記所に残していることが特徴。的中率の非常に高いブラジルの予言者だそうです。しかし、私がジュセリーノの本を通読してみたところ的中率は低いように思えます。前宣伝がすごかったといわれます。

 

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの「第2の関東大震災の予言」は非常に不気味です。しかし、未来は変えられるそうですので、当たる確率がマスコミに登場してから、かなり下がっているそうです。神のような者から、高次元の高等知性体からビジョンの形で夢見に見せられるので、非常に関心を引くようです。

 

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予言もマスコミに出るようになってからその当たる確率は低下しているようです。メディアにでるとあたらなくなるのでしょうか。最近の動向は書籍になっていないようです。

 

・「ジュセリーノの予言する天変地異は誰も起こることを阻止することはできない。「助言者」たちの声は警告文を送るための相手の住所と名前まで伝えてくれる。もしもジュセリーノの予言どおりに進んでいけば人類には暗澹たる未来しか待っていないことになる」といわれます。

 

・天変地異以外のテロなどの予言は、事前に阻止行動をとれば、発生を防止することができるそうです。この「助言者」は、神か、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のような高次元の高等知性体のようです。天使は神の秘密諜報員だといわれます。2012年からのアセンション(次元上昇)の時代を迎えて、高次元の高等知性体とのチャネラーがますます増えてくるように思えます。

 

・アストラル界やエーテル界のような高次元のマスター(大師)と呼ばれるものたちが地上の人間とチャネリングやコンタクトをとることもあるのでしょうか。またアストラル界の住人達は、人間の姿を装い地上にでてくるのでしょうか。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。

 

・ジュセリーノの予言は、ノストラダムスの予言と違って「実に現代的な予言と言える」ようです。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの夢見の予言は多くの人の関心を引いたようです。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの預言は神のような者からだそうですが、実際に見ていくと、当たる確率は、かなり落ちてきているようです。しかし、無視ができないようです。

 

・その預言のビジョンの内容が凄いので、当たる確率が低くなるとメディアから無視されていったのかもしれません。一種の終末預言なのかもしれません。近年のことですので、マスコミが彼に注目したのかもしれません。

 

・ジュセリーノに未来を伝える「助言者」の正体とは異次元の高等知性体なのでしょうか。ちなみに「ブラジルの予言者ジュセリーノは目が覚めているときも、ときどき耳に手をあてて何かを聞いている仕草をするときがあるという。これは「助言者」たちが、夢以外のところでもジュセリーノに何らかのメッセージを送っているためのようだ」といわれます。目に見えない異次元と存在とコンタクトするチャネラーにより、時空を超えた情報がもたらされることがあるそうです。

 

・異星人=神々や天使と考える人が増えてきていますので、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のような天使的な宇宙人が、人間にチャネリングしたりコンタクトしたりしているのかもしれません。異星人は一般的にタイム・トラベラーだといわれます。

 

・神々も市井の人となり普通の生活をしているという話もあるそうです。しかし、その超能力を示さなければ誰にも分からないようです。また「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、私たち一般人には理解不能、認識不能の世界のようです。

 

・「ブラジル本国ではジュセリーノの予言は国民的な注目を集めている。そんな彼が世間に広く知られるようになったのは、つい10年ほど前からである。ブラジル国内のテレビ局をはじめ、さまざまな媒体に顔をだすようになり予言のメッセージが特集された雑誌なども売られるようになったのだ。日曜日を除いて毎日、予知夢を見る」といわれます。

 

・ジュセリーノは、今後も公証役場や郵便局で証明をとりながらメッセージを送り続けるでしょう。天使というよりも神のような存在とのコンタクト話でしょう。人は誰でも夢の中で異次元に入れるそうです。また、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれます。

 

・また、事件予知の公表は種々の理由から難しいそうですが、数万件にも及ぶ予知夢による予言も公開されていくものと思われます。ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの現在は報道されていないようです。

 

・ジュセリーノを指導する「助言者」は、時空を超えたアストラル界やエーテル界の存在で、天使などの高等知性体なのかもしれません。異次元との知性体とのチャネラーは、世界中で増えているそうですが、マスコミにのる人々は少ないようです。

 

・「ブラジルの予言者ジュセリーノの警告を知って、あらかじめ危険を回避すれば未来は変えられる!ジュセリーノによれば予知情報は夢の中で「助言者」たちによって与えられる。「助言者」たちが彼に「声で指導する」のである。声の調子がいつも同じなので「助言者」だと認識することができるのだ」といわれます。 

 

・ジュセリーノのいう「助言者」は、神の領域に住むものでしょうか。助言者=異星人説もあるといわれます。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうです。そこで、未来のビジョンも異星人には知覚できるようです。

 

・「未知の上位者」でないと人間を意識の変性状態にして未来の出来事を見せることはできないでしょう。人間にビジョンを見せて未来を預言する例は、過去にもあったようです。

 

・「メディアの報道では預言が当たった当たった」ということに終始するようで、当たる確率が低くなると誰も関心を示さなくなるといわれます。

 

FBI超能力捜査官マクモニーグルによると行方不明者の遠隔透視は効率が悪いといわれます。CIA遠隔透視部隊の存在も謎のようですし、ジョー・マクモニーグルの予言も一人で書いたにしては大部すぎるようです。詳細な遠隔透視のメカニズムも私達には分かりません。

 

・しかし、マクモニーグル遠隔透視などの超能力は、多くの未解決な犯罪捜査で威力を発揮したといわれます。このような透視能力の研究の遅れが日米の格差になっているようです。

 

・日本でも行方不明者の発見とか犯罪調査に、エスパー(超能力者)の能力が活用されるシステムを作るべきなのでしょう。米国ではエスパー(超能力者)が実務の世界で役にたっているようです。遠隔透視の超能力を持つマクモニーグルは、臨死体験の時に神の領域に入ったのでしょうか。臨死体験などをすると霊の世界が見えたり、不思議な超能力がついたりするようです。

 

・異星人とのコンタクティやチャネラーも不思議な超能力がつくそうです。宇宙人の世界は異次元で超能力の世界のようです。

 

・昔は幻聴・幻覚のケースは、現代では天使や悪魔のチャネリングかもしれないと考えますが、精神病の症例とされたこともあったそうです。またゲイも宇宙人による人格転換だという説もあるそうです。ゲイ(LGBT等)はニューヨークやカリフォルニアやオーストラリアなど宇宙人が多い地域に多いともいわれています。米国ではゲイの問題は、法律的にも大きな社会問題となっているようです。マクモニーグルの遠隔透視はアカシック・レコード(宇宙の記録庫)を見ることができるのでしょうか。モンロー氏は、ある種の包括的な「情報の場」というものが存在して、そこから情報が引き出されるのではないかと考えていたようだ。

 

・マクモニーグルの遠隔透視は壮大であるばかりでなく、日本のテレビ出演などで知られているように「失踪者の探索」という事件解決においても実用的なようです。また数字で細かく示されているので驚異的です。

 

・エスパー(超能力者)のメカニズムは分かりませんが、日本でも犯罪捜査や行方不明者の探索に活用することができるでしょう。この面では数十年の遅れを感じるという人もいるそうです。日本はUFO後進国のようですが、エスパー(超能力者)の活用に活路を見出すべきでしょう。

 

・新興宗教の教祖にも神々が憑依すると確率の高い未来予言を行うことが多いそうです。時空を超えた神々とのコンタクティは、貴重な予言を現代の私たち一般人に与えてくれるようです。

 

・ジョー・マクモニーグルは、この度の東日本大震災でその大津波の預言が注目されているそうです。その他の遠隔透視の内容も検証されるべきでしょう。

 

・<子ども>「人口はとても少ないとすでに述べた。理由を探る過程で、大戦争が過去に少なくとも2回あったことが感知できたが、直接の原因ではないだろう。6百年以上も昔の暗黒時代、密かに作り出された細菌によって世界中に恐ろしい伝染病が蔓延したのだ」ということだそうですが、私たち一般人には理解不能です。

 

・西暦3000年までに2度くらい人類は愚かな核戦争をするというのでしょうか。23世紀と24世紀に2度の世界大戦があるようです。やはり、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために戦争がしょっちゅう起こる」ということでしょうか。

 

・マクモニーグルの透視については当たる確率を調べている人もいるのでしょうか。CIA超能力透視部隊の実態も謎だそうです。ひとつでもネガティブなことがあれば全体が否定される傾向があるようです。

 

・「彼女は間違いなく生存している。彼女だけでなく、他の拉致被害者の生存もリモート・ヴューイングで確認している。拉致被害者の数は、日本のみんなが知っているよりも、はるかに多いことを知るべきだ」ということだそうですが、この本の出版時点(2007/5/30)と現在の状況と評価はかなり変わっていることでしょう。

 

・外国に関しては日本人の常識が通用しないことが多く、特に反日教育を徹底的にしている国との交流に関しては、ある程度の距離を置くべきでしょう。外国との友好親善至上主義にも危険性があることが、近年の中国との問題に関しても日本人の多くが認識を新たにしているといわれます。日本のような島国ですと国際感覚が身につくことは難しいでしょう。海外旅行にしても日本人は犯罪に巻き込まれる危険性が非常に高いそうで、警告をうけているようです。

 

・残念なことになっているのかもしれません。詳しくは知りませんが、事件の解決に尽力している人々に声援をおくりたいとおもいます。多くの人々がこの事件を心配していますが、事件の特殊性のため、あまりマスメディアに表面化させていないようです。この程度の事件の解決に何十年もかかるのは私たち一般人にとっては不思議な話です。

 

・北朝鮮の拉致被害者の件も現在、色々な交渉中(?)のためメディアは報道を差し控えているともいわれます?この事件を詳しく調査すれば「アバブ・トップシークレット」的な意外な事実が判明するのかもしれません。事件から何十年経っているのか、国家の諜報機関の力量が問われているそうです。詳しい事情を知っている人も、情報を公開できないのでしょうか。「日本は諜報機関のない世界的にも珍しい国だ」といわれます。

 

・北朝鮮の拉致事件と言えば、航空自衛隊のF4ファントム戦闘機の日本でのライセンス生産された時期(1974年~1981年)と重なるのが不思議です。当時の国会では「外国に脅威を与えてはいけない」「外国の基地を爆撃してはならない」という議論で、F4ファントム戦闘機から爆撃装置と空中給油装置を外して生産したといわれます。この外国の脅威に対する脳天気(ノー天気)ぶりが北朝鮮に見透かされて拉致事件を仕掛けられたそうです。もし航空自衛隊のF4ファントム戦闘機から爆撃装置や空中給油装置を外さなかったら、北朝鮮の拉致事件は起こらなかったといわれます。

 

・「2015年には、今から比べると車の数は40%に減少している。ガソリンの値段が高騰し、保険の値段も上がるからだ」そうですが、私たち一般人には荒唐無稽な話に思われます。荒唐無稽に思われる話が一個でもあると全体が信用できないように思われるのも人情というものでしょう。ジョー・マクモニーグルの予言も当たらないものも多いといわれます。

 

・マクモニーグルがバハマで見たフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体とは、異星人の宇宙母船でしょうか!「すると突然、目の前の砂山にまぶしい光が当たった。まるで昼間の太陽のような明るさだ。空を見上げるとフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体が浮かんでいて光はこの物体から発射されていた。高さは400メートルくらいだったと思う」と語られています。

 

・フットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOの遭遇経験は、過去に多くの報告があるそうです。UFOを見たり宇宙人とコンタクトしたりすると超能力がつくということは昔から指摘されてきました。

 

・異次元のものとコンタクトすると異次元の超能力がつくのでしょうか。地上でコンタクトし異星人に連れられて異星に行った普通の人たちも帰ってくれば超能力がつくようなのです。

 

・その昔UFO目撃の多発地帯のバハマのメキシコ湾は米軍とエイリアンの接触地点であったのかもしれません。「宇宙人情報は米軍から始まり米軍で終わる」そうです。米軍は異星に留学生を送ったという話もありますが、当然宇宙連合とコンタクトして、異星航路に向かっているものと思われます。米軍と宇宙母船に乗った異星人とのコンタクトは、その後どのように展開されているのでしょうか。

 

・映画『未知との遭遇』で、エイリアンの巨大な母船が地上に降りてくる場面がありましたが、巨大な母船も動きが軽快で瞬間移動により消失するそうです。巨大母船に搭乗する異人の正体は不明です。

 

・映画などではバイオロボットといわれるグレイがよく登場しますが、金髪碧眼のノルディックを描いた映画は少ないようです。人間タイプのエイリアンは、「アバブ・トップシークレット」扱いで報道されていないようです。

 

・異次元瞬間移動をする巨大なエイリアンの母船の超メカニズムも現代の科学者には理解不能のようです。たとえば50年前の科学者が現代の科学技術を理解できなかったのと同じようです。

 

・神々の憑依により超能力や驚異の透視能力を発揮する新興宗教の教祖は、古今東西多いようです。夢見の預言者ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースはいまだ新興宗教の教祖様にはなっていないようです。アカシック・レコードでも見ることができれば、正確なこともわかるでしょうに。

 

・「2014年から2016年に、300人もの日本人幼児が北朝鮮に拉致される」という予言も私たち一般人には理解不能の話です。どのような背景、解釈があるのでしょうか。異次元のパラレル・ユニバース(並行宇宙)の話でしょうか。荒唐無稽な話が一つでもあるとにわかに全体が信じられなくなるようです。

 

・現代では、米国において、遠隔透視能力“千里眼”をもつ超能力者を諜報機関や犯罪捜査機関が採用し、困難な事件を解決しているようです。

 

・遠隔透視能力“千里眼”は、神々の領域の能力としか思えないそうです。日本のような敗戦国は本格的な情報部を持てないそうですが、この点も私たち一般人には理解不能のようです。

 

・また、日本国情報部はエスパー(超能力者)によって率いられる必要があるそうです。一説では敗戦後、日本の神さまがロシアに引っ張られたとか、敗戦後アメリカの神さまが日本の神界のトップになったとかの色々な与太話があるそうです。

 

・米国のCIA(中央情報部)のような能力のある日本国情報部を持つべきだという議論は保守党からもあまり出てないようです。戦争中の軍部の悪いイメージが原因のようです。その点、外国の諜報機関は、ますます強力になっているそうです。現実に米国の諜報機関や他の国の諜報機関が異星人情報を「アバブ・トップシークレット」として独占しているそうです。米国のような先進国では、諜報機関が、実質的に政治を引っ張っているそうです。

 

・日本でも神々に通じているチャネラーを全国から見つけ出し、社会的に有効に活用する組織や制度を作らないと、この方面でも米国に遅れていることになるでしょう。米国はエイリアンの超テクノロジーを入手しようとしてエリア51などで国家資金と科学者の総力をあげて研究しているそうです。日本も空飛ぶ円盤や異星人とのコンタクトに諜報機関が務めるべきでしょうか。

 

・中国の経済状態の変調は、一般紙の新聞でも報道するようになったようです。中国経済の変調は世界的な経済の変動要因になるようです。バラ色の未来の中国経済がバブル崩壊で大変なことになるということ、ネガティブな見解を唱える人々が増えています。特に失業者が増えてきているので大きな問題になっているようです。中国国内の暴動が激増しているそうで、「中国国内の内乱に巻き込まれるな」と言う専門家が多いようです。

 

・原発の事故は日本国内ばかりでなく、近隣諸国の場合も考えておかないと、放射能の飛散などの問題がでてくることでしょう。原発の事故で、全部の原発を廃炉にせよ、と叫んでいる政党もあります。が、化石燃料の寿命があと200年しかない現実を考慮すると、フランス型の原発を中心におくエネルギー計画が実用的でしょうか。

 

・「リモート・ヴューイングの世界は、まだ時間的にも空間的にも限界というものがあるのかは不明!以前、100万年以上前の過去にさかのぼったことがある。また未来については40万年先まで行ったことがある。距離は一番遠い所で天の川銀河の中心まで行った」と語られています。

 

・マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界では、人類の未来は悲観的なことばかりではないそうです?!このような未来世界の遠隔透視はまともな学者が扱わない世界だそうです。宇宙人はタイム・トラベラーが一般的で、時空を超えているので、地球人に未来をビジョンで見せたという話も多いようです。

 

・「2012年もリモート・ヴューイングで見ても、地球の壊滅とか、人類の滅亡などは見えない」そうですので、心配無用のようです。21世紀前では、「核戦争による人類の滅亡」の予言がマスコミをにぎわしたものです。「2012年、伝説の神、アヌンナキが戻ってくる」そうですが、爬虫類人(レプティリアン)も人間タイプは非常に知性的な顔をしているそうです。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」といわれます。

 

・しかし、すべてが誤りの予言の結果となったためにマスコミは沈黙したままです。2012年のアセンションの話も騒ぎ立てることもないのかもしれませんが。

 

・リモート・ヴューイングのメカニズムも私たち一般人には理解不能のようです。神さまにでもビジョンを見せてもらうのでしょうか。リモート・ヴューイングも昔からある超能力の一つのようですが。

 

・「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象だ」そうですが、UFOはフリーメーソンの創作だという見解もあるようです。しかし、日本はUFO後進国だそうですので、政府が本格的に乗り出したという話は聞いておりませんが密かな動きがどこかであるのかもしれません。プレアデス星人とのコンタクト話も書籍に載ることもあるようですが、私自身は実際に詳しくは調べていません。

 

・日本でも神々が憑依した新興宗教の教祖の予言は、確度が高いと言われています。何か神秘体験が原因で超能力が花開く新興宗教の教祖の例が世界中であるようです?また人間の背後霊や守護霊も異星人が憑依したものかもしれません。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。

 

・「彼に関する夢も、彼の顔も見たことがありません。今は、私にとって彼は自然な存在であり、それでいて私という個人が関与できない、まったく別のものなのです。7歳のときから、助言者の出現が始まりました」というジュセリーノの話ですが、神のような者は、人類に大惨事の預言で警告を伝えたいのでしょう。

 

・天使や神々の預言は確度が高いのでしょうが、受け取る側の状況や能力によって、変わってくるのでしょう。神々の話は荒唐無稽な話が多いというのは、パラレル・ワールドの話だからでしょうか。

 

・パラレル・ユニバース(並行宇宙)の話を現実の3次元に引きなおすとおかしいことになるようです。「パラレル・ワールドこそが霊界そのものだ」そうです。パラレル・ユニバース(並行宇宙)に住むシリウス星人とコンタクトできれば未来透視もできるのでしょうか。パラレル・ワールドは人間社会に似ているが大きく違い世界で、人間の死後の世界の霊界や幽界に似ているそうです。

 

・エーテル界にあるというアカシック・レコードという宇宙の記録庫にアクセスできれば、過去・未来の出来事が分かるそうです!?また異星人間のスター・ウォーズは、「アカシック・レコードをめぐる管理についての争い」という話もあるようです。なぜなら上位の異星人が、下位の地球人や宇宙人の転生を操作しているからだそうです。

 

・もちろん、ブラジルのジョセリーノの予言は100%でないのですが、確度はかなり高かったということで世界中のマスコミから注目されていたようなのです。最近のジュセリーノの動向については分かりません。

 

・ブラジルの超能力者ジュセリーノ氏の予知夢による予言は、今後も検証され注目されるでしょう。北朝鮮との問題は政府として水面下で色々なことが行われているようですが、メディアも協力しているようです。

 

・異星人問題のように「アバブ・トップシークレット」の問題なのかもしれませんが当然、メディアも政府に協力しているようです。

 

・北朝鮮との問題は、詳しくありませんが、「世にも奇妙な物語」の一つなのでしょうか。多くの人々が事件の解決に動いているようですが、相手にされていないのでしょうか。

 

・北朝鮮スパイ船が日本海などで暗躍していたことは海上保安庁がつかんでいましたし、警察も北朝鮮スパイの検挙に全力を挙げていたと思うのですが、報道が抑えられているようで、奇妙なことが多いようです。

 

・かつって「英国情報部は男を女に変える意外に何でもできる」と言われたこともありますし、ハリウッド映画では「殺人許可証」を持つ女王陛下の秘密諜報員007が活躍していた話もありましたが、北朝鮮との問題は、日本が諜報機関を持てなかったことの欠陥が現れたのでしょうか。

 

・「スパイ一人が一個師団に相当する」ともいわれたように諜報機関員の役割は重要だといわれます。「天使は神の秘密諜報員だ」そうですので、諜報機関と異星人は馴染みやすいそうです。ヨーロッパでは、世界最古の仕事と言えば売春と並んでスパイだと言われています。

 

・「マヤ暦の終わり(2012年)の後に何か“大変なこと”が起こる」という理論は最近の精神世界・オカルト界では流行している話だそうです。人間が考える予言にしてはあまりにも詳細で、世界的な事柄で、異次元の高等知性体か神のような者の存在が窺われるそうです。

 

・この度の東日本大震災で全ての楽観的な観測・希望はなくなり、地震学者間でも厳しい悲観的な予測が幅を利かしています。

 

・識者の誰もが「日本では大地震はいつでも起こりうる」、「大地震“第二の関東大震災”の到来」を予想している日本では、行政的に対応手段がうたれているようですが、もちろん十分なものではないといわれます。

 

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの地震の預言は多いようですが、津波の預言もあるようです。ちなみに、地震と津波はコインの両面のようで、当たる確率だけを問題にする必要はないといわれます。「天災は忘れた頃にやってくる」といわれます。

 

・米国のCIA(中央情報局)やFBI(連邦検察局)などでは超能力者や霊能力者を採用し困難な事件の解決を図っています。ジョセリーノ氏も米国政府から声がかかったそうですが、米国行きを断ったそうです。諜報機関はフリーメーソンの研究から始めるそうです。

 

・「神は最初のフリーメーソンだ」そうですので、大災害の未来予知について諜報機関は当然つかんでおく必要がありましょう。大震災や大災害の未来予知につても諜報機関は知っておく必要があるそうです。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。

 

・神々と何らかのコンタクトを持つチャネラー、予知夢を見る霊視者の予言は、昔から確度が高く、無視できないものがあるようです。

 

・この太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるグレート・マスターやマスター(長老)クラス以上のものが人間の姿を装い人間とコンタクトすることがありましょうか。

 

・ブラジルのジョセリーノの予言は、有名で、具体的で日時が正確で、膨大な量の予言は、ノストラダムスの予言をはるかに超えているのではないかともいわれています。が、突飛で荒唐無稽な予言も少なくなく、解釈・整理が必要なようです。

 

・「2008年の713日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます」と語られていました。高次元の存在からの予知夢だそうです。が、日本の場合は多くの識者が「大地震の到来」を予想しており、対策を十分にする必要があると言われています。

 

・この度の東日本大震災で全ての楽観的な観測・希望は吹き飛びました。なお最近のジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの書籍は日本では出版されていないようです。マスコミがフォローしなければ私たち一般人には何も分からないようです。

 

・これは「もしアル・ゴア氏が立候補すれば」という仮定の話なのでしょうか!?ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースも日本のテレビなどへの出演など、過度にメディアに登場すると、当たる確率も当然低下するようです。

 

・この種のエスパー(超能力者)は、日本の有識者もまともに取り上げる学者もいないようです。UFOなどのようにタブーとされているものには、まともな学者と考えられている人たちは、なぜか近づかないそうです。「タブーに触れると学者生命が絶たれる」という与太話もあるそうですが。

 

・予知は、時、場所、出来事において完全に100%というわけにはいかず、通常考えられないような予知だと誰も信じられなくなるのでしょうか。

 

・ブラジルの霊能者ジョセリーノの予言は、90%の確率の予知夢ということで、確度が高いので注目されているという話でした。が、その後の検証の結果、かなり当たる確率が低下しているように思えます。公表されているのは全体の0.2%しかないという話のようです。

 

・「ベイシック・インカム」とか「政府の貨幣発行権の発動」とかエコノミストや経済学者たちが様々な提案を行っているそうです。政府筋のエコノミストの経済政策はオーソドックスでは革新的なことはできないそうです。50年前の経済学理論と今のそれを比較しても人類の格段の進化がわかります。「職業を研究している天使」もいるといわれますが、「経済を研究している天使」もいることでしょうか。エイリアンの超テクノロジーだけが注目されているようですが、エイリアンの「超経済学」もあることでしょう。

 

・エイリアンの世界は、高次元な世界程、貨幣が必要でなくなるほど進化しているようです。「アストラル界にもアストラルの惑星がたくさんあり、アストラル界またはアストラル次元と呼ばれる世界を構成している」といわれます。しかし、レベルの低い地球人に対しては「マネジメント万能至上主義の精神的資本主義」を提唱しているのかもしれません。競争至上万能主義、ビジネス至上万能主義のアメリカ型資本主義の根本理念は、資本蓄積の違う日本型資本主義に適用するには無理があるようです。

 

・地球の人類と進化段階が同じ程度の異星も非常に多くあるそうで、「宇宙連合」とのコンタクトによる膨大な情報が必要となりましょう。宇宙人は地球語と宇宙語のネイティブ・スピーカー、コンプリート・バイリンガルが多いといわれます。

 

・またテレパシーを使うことが多く言葉の問題も解決しているようです。宇宙語も種類が多いようです。UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象ですので、日本はUFO後進国ですから、メイジャーなこととマイナーなことが逆になっているように思えます。

 

・「大衆は3S(スクリーン、スポーツ、セックス)の大衆娯楽で政治を忘れさせよ」というシオンの議定書がありますが、大衆がベイシック・インカムを政府に要求する日はいつのことになるのでしょうか。

 

・政府の貨幣発行権の発動は、「禁じ手」、「最後の手段」だそうですが、「政府の貨幣発行権が常識化」することがいつかは断定できませんが世界で常識化するときがきましょう。

 

・もちろん「弱い経済の国」では、貨幣を異常に多く発行するとアフリカの某国のように凄まじいインフレになるそうですが。ヨーロッパのユーロの通貨危機とかの話がありますが、ユーロ通貨を以前の状態に戻す動きも出てくるでしょうか。

 

・以前には「イタリアのリラは比較的弱い通貨だったがユーロはドルに匹敵する強い通貨であるためユーロ高傾向にあり、輸出や観光に依存しているイタリア経済界からはリラに戻そうと言う声も出た」そうです。「政府の貨幣発行権の発動」の話は経済学と無縁な私たち一般人にも分かりやすい話のように思われます。

 

・「米国のドルの発行高と円の発行高を数量比較すると、1ドル=50円が相当」という説・議論もあり、学者や実務家・金融家の議論が、かまびすしいそうです。

 

・広島の悲劇から71年たちました。原発事故で日本の底力が試されようとしています。また原発事故後の原発政策が注目されます。ここまで詳細に未来が透視できるためにはエーテル界の守護霊や天使や神に近い存在の助けがいるということでしょうか。

 

・「日本の技術、2018年までに日本の技術者はマイクロ核発電機の製造法を発見する」ということですが、現在は原発の廃止が議論されております。原発の廃止問題は政治的にも大きな国民的な議論になるようです。「大きな原発事故が起こったから、全ての原発を廃炉にする」から「より安全性を高めて原発を合計100基作る」というふうに思考を転換する必要性が近未来には常識になるのかもしれません。

 

・米国のようにエイリアンとのコンタクトを確実にすすめてエイリアンの超テクノロジー、フリーエネルギーなどを代替えエネルギーとして求めて国家的に動くべきでしょうか。

 

・米国はエイリアンの超テクノロジー・超科学を入手するために国家資金、科学者を総動員して「エリア51」地区等で、超テクノロジー、超兵器開発に余念がないそうです!?兵器の面では絶対的に優位な位置をしめようとしているのでしょう。原子力は「神の火」なのか「悪魔の火」なのか分かりませんが、エイリアンのエネルギーの「フリーエネルギー」も研究されていることでしょうか。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は、ロシアも研究しているのでしょうか。

 

・人類に先行して進化すること7千年のプレアデス星人はタイム・トラベルが可能であり、3万年進化しているリラ星人は「実験室で人間を創った」そうです。

 

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作する天使的な宇宙人のシリウス星人は、正確には分かりませんが、数十万年か数百万年以上、人類に進化しているようなのです。エイリアンの超テクノロジーは現代の先端の科学者でも理解不能なことでしょう。

 

・そして、プレアデスからシリウスの時代に移行するそうですので、シリウス星人が明らかにコンタクトしてくるのかもしれません。すでに米国とイスラエルはシリウス星人と通商契約をしているそうです。シリウス星人は宇宙の通商の民だそうです。シリウス星人は「マネジメント万能至上主義の精神的資本主義」を提唱しているのかもしれません。あるいは、パラレル・ワールドでは、シリウス星人は様々なビジネスを含めて全宇宙のマネジメントをしているのかもしれません。

 

・バイオ・ロボットであると言われる小柄な宇宙人グレイでも、「壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。現代の地球人にとってテレポート(瞬間移動)は、奇跡の事象ですが、宇宙人にとっては「それほど難しくない技術」だそうで、その格差は、想像を絶するものだそうです。

 

・「宇宙船を見えなくする」とか「宇宙人が目の前から消えたり現れたりする」という事象は多くのコンタクティが報告しているそうです。見えない世界については人間は非常に弱いようです。認識できないものは理解できないということでしょう。

 

・天災や事故や戦争で、多くの犠牲者も出るようですが、さすがに西暦3000年にもなると税金もない戦争もない世界に人類は到達するようなのです。ジョー・マクモニーグルの未来透視には、他の予言者のような「人類の滅亡」ということはないそうです。

 

・「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なために戦争がしょっちゅう起こる」そうですが、西暦3000年にもなると税金も戦争もない夢の世界に人類は到達するようです。ちなみに、松下幸之助は「税金のない日本」を政治の目標にしていたようで、数字計算上では可能になるそうです。

 

・北日本大震災によって、地震学に無知な私たち一般人はショックを受けました。が、各大学の地震研究所の学者たちが、もっとしっかりといわゆる仕事をしておれば、被害の程度はかなり違ったものになったであろうとのことです。

 

・日本における地震研究所と地震学者の数を考えると何とかならなかったのか、被害をもっと少なくできなかったのかと思えて残念です。津波の想定を半分に見積もったために引き起こされた原発事故も、土木学会に博学の人材がいなかったということでしょうか。

 

10メートルの大津波が何度も来ていたのに、エリート官僚や選良たちが、原発の想定津波高を5メートルに決めて、10メートルの防潮堤を作るという世紀の大失政をして前代未聞の国家危機を招いてしまったと語られています。地震対策は全国的に関東大震災を基準にして、その2倍、3倍程度の強度だそうなのですが!?

 

・世界中に自然災害、大地震や大津波のリスクは無数にあるそうですが、「天災は忘れたころにやってくる」そうです。「大都市における地震はいつ起きても不思議ではない」という不気味な悲しい一般常識になったようです。ちなみにカナリア諸島、ラ・パルマ島に起因する大津波を懸念する地震学者は少なくないそうです。

 

・世界中の災害に関してもジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースやジョー・マクモニーグルの預言は、詳しく本に出ていますが、世界中の大災害が世界経済に与える打撃を考えると日本の大災害の予測だけにこだわることはできないようです。

 

・「地震兵器」「気象兵器」等の 誰もが荒唐無稽な話と思うようなことも出版されていますが、100年前の人々にパソコンなどの現代の文明の利器を説明しても全く分からないように、その時代の人々の常識とあまりにもかけ離れたことは、封印されてタブーとされるようなのです。「そんな馬鹿な荒唐無稽な話、誰が信じるのか」と言った類の話。しかし、出版社もあり、胡散臭い話でも何らかの意味があるのかもしれません。

 

・「宇宙人情報は米軍に始まって米軍で終わる」といわれますが、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも国策に協力していますし、オバマ大統領も宇宙人の存在についても知らされていないそうなのです。政府の中に政府があってアメリカ大統領といえどもコントロールできないといわれます。米軍は宇宙連合とコンタクトして異星航路に向かっていることでしょう。

 

・宇宙人情報をリークした米海軍の情報将校も脱税事件に絡まった警官隊との銃撃戦で射殺されたそうですが、「宇宙人情報は金にならないだけでなく、命も狙われる」といわれます。「アバブ・トップシークレット」の怖さです。昔の空飛ぶ円盤の時代では宇宙人やコンタクティが謎の組織により命を狙われたこともあったようで、安全確保の観点から、何も知らさない手法がとられたようです。

 

・普通の公務員は守秘義務と罰金や禁固刑などで沈黙を守るそうです。だがバイオロボットともいわれている小柄な宇宙人グレイの存在はハリウッド映画などにより、世界中の現代人の常識になりました。

 

・県庁の役人たちに今後の復興を期待するというよりも今まで「何をしていたのだろうか」という疑問がわいてきます。「学者の進言に基づいて内務省と岩手県当局が一致して勧めた復興策の基本は、集落をあげての高所移転であった」ということですから、その頃から政策として一貫して高所移転を進めておくべきだったのでしょう。優れた人材が県政や国政を担当しておればということでしょうか。

 

・地震学者の知見が実用的に活用されませんでしたし、地震学者が先頭にたって防災準備をすべきであったのでしょう。

 

・「カナリア諸島の噴火と九百メートルの津波の予測は地震学者間でも議論されている!このとき、崩れ落ちる土砂の大きさは、積的には、おそらく富士山が一つ海に落ちて行くのに近いと思われる」と語られています。

 

・日本のテレビにも出演したジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの「夢見の予言」は、神のコンタクティらしく世界中で注目をあびましたが、その内容が 荒唐無稽な点も多く、にわかに信じ難く最近では、マスコミでもとりあげられないようです。

 

・ブラジルのジュセリーノの予言は、解釈の仕方で色々に評価できるようです。「カナリア諸島の噴火と津波の予測」は、地震学者間でも真面目に議論する人が多く、地震学者の本も数冊出ているそうです。

 

・たとえば、「水不足が起こる」ということでも、原発事故で日本の水のペットボトルがスパーの店頭からなくなりパニックがおこりました。原発事故は想定津波の高さを低く見積もった、(基準5メートル)とした経済産業省の前代未聞の失政の結果だったそうです。

 

・「人類の終末」を予言するジュセリーノの夢見の予言はあまりにも 荒唐無稽で当たらなかった予言も多くマスコミでも評価が低下しているようですが、不気味な要素が残っているので不安です。

 

・神々とのチャネラーやコンタクティも世界的に増えているそうですので、マスコミが取り上げてくれれば私たち一般人にとって貴重な情報になるようです。

 

・「千年先の未来、三つの巨大都市を持つ島が太平洋上に見える。タイム・トラベラーによる情報も増加している!残っているのは現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない」とジョー・マクモニーグルは未来透視して語ります。

 

・未来は4次元以上の世界のコンタクトが一般化してくるそうですので、アストラル界、エーテル界の世界の描写が常識化してくることでしょう。死後の世界、幽界や霊界は、4次元以上の世界でエスパー(超能力者)による言及が増えてくるそうです。

 

・あの小柄な宇宙人グレイですら壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるそうです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人の存在も多くの人々の共同幻想ではなく、意識されてくるようになることでしょうか。人間の背後霊や守護霊も異星人が憑依したものかもしれません。

 

・宇宙人は一般的にタイム・トラベラーであり、宇宙人情報は、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』扱い、「アバブ・トップシークレット」のため、マスコミも手がでないそうです。

 

・未来情報や宇宙人情報、(日本に関係する)神々の情報が、向こう百年、公開されないようなので私たち一般人には、無縁の情報、与太話のようです。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですので貴重な情報を失っているようです。また地球人のレベルがあまりにも低すぎるために遠い未来でも宇宙連合に参画できないともいわれていました。

 

・が、「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうです?神々も市井の人となり普通の生活をしているそうですが、これも私たち一般人には理解不能、識別不能のようです。戦後、米軍に混じっていた異星人が「私たちは2012年にもどってくる」と言っていたようです。

 

・未来透視もどのようなメカニズムなのか不明です。「今日の日本からは大きく様変わりしているようです。残っているのは、現在の国土のほぼ90%だけだ。北海道の半分と九州のほぼまるごとは見当たらない」という個所も私たち一般人には理解不能のようです。

 

・「日本は未来の地球でも、すこぶる順調に繁栄しているという感じを強く受ける」そうですので、この大震災も乗り越えて、犠牲者も非常に多く出るそうですが未来の多くの国難を乗り越えて、なお明るい未来があるそうです。

 

・もしかしたらヴェルヌにも遠隔透視の能力があって未来を透視できたのかもしれません。また、異星人とのコンタクティであったのかもしれません。

 

 

・「宮古市田老地区の防潮堤は万里の長城と呼ばれ、10.45メートルの高さだった。低い。2倍は必要」と語られています。「天災は忘れたころにやってくる」といわれますが、「東日本大震災は、1000年に一度の『天災』ではなく100年に一度の『人災』であった」といわれても仕方がないようです。「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば、これだけの損害・死者・犠牲者はでなかっただろうに」といわれます。

 

・「これが皆が寝入っている真夜中に起こったらと思うとぞっとする」といわれます。「逃げた避難所の高さが低すぎて避難者が溺死した」、「明治三陸地震の大津波を基準にしておけば原発事故はおこらなかっただろうに」と指摘されています。「昭和三陸津波後、『高所移転』を法制化しておけば、これほど甚大な被害を受けなかっただろうに」と語られています。

 

・「歴史は繰り返す」と語られています。「地震研究所の数と研究者・津波の専門家の数を考えると言葉を失った。”役たたず”であった」といわれます。「各大学の地震研究所はしっかりと仕事をしていたのだろうか」といわれます。「なぜ明治三陸津波の基準で防災計画を作らなかったのだろうか」と指摘されています。

 

・「これでは『日本の失われた20年』が、『失われた30年』になってしまう」と指摘されています。「新聞は『経済は一流、政治は二流』という酷評の表現を頻繁に使いますが、これでは経済も二流になってしまう」といわれます。「193333日の昭和三陸津波の教訓も県庁の役人たちは生かせなかったのだろうか」「県庁の役人たちは何をしていたのだろうか」、「三度も大津波で親族を殺され、壊滅的な被害を受けた三陸地域の住民にとって『三度目の正直』とは?」といわれます。

 

・「失われた20年の日本経済の惨状」とか「数多の失政と政治の貧困のためか”欠陥のあった防災計画”」などの背景には、国家経営の実務に精通した優れた政治家や公務員が登用されてこなかった結果なのでしょうか。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。

 

・好意的にみても「あまりにも専門的な知識が膨大なためにその習得に全精力を費やし、全体像の見通しが、天災については天才たちでもできなかった」のかもしれません。常に大局や政治の失政に注目している必要があるようです。

 

・この「100年に一度の国難」は、国家経営の実務に精通した本当に優れた政治家や官僚・行政官でなければ乗り切れません。大変な時期、非常時なのです。国の興廃がかかっています。正気になってやらないと大変なことになります。「民族の英知が国家経営・国政を担当しておれば、世界の先進国になれただろうに」という話だそうです。

 

・この『遠野物語』は4次元以上の異次元・高次元の『霊界』や神智学でいう『エーテル界の都市』を連想させますが、河童が小柄な宇宙人のグレイ(ゼータ・レチクル星人)の一種で人間との交流もあったなど、伝説によく出てくる異人や天狗は宇宙人ではなかったのでしょうか。イタリアのクラリオン星人とのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「河童は現在でも異次元に存在している」そうです。

 

・柳田國男によれば『遠野物語』は農民たちの作り話ではなく、事実だそうです。異星人の異次元世界や霊界、霊人もかいま見られたようです。

 

・遠野地方は「人さらい(宇宙人のUFOのアブダクション(誘拐))」「神隠し」「異類混血」などなんでもありの異星人の世界があったようなのです。米国で大問題となったエイリアンのアブダクション(誘拐)が明治時代の遠野地方を舞台にあったようなのです。ちなみに「人さらい」や「神隠し」などの明治時代の現象は全国的にあったようです。

 

・神隠しや人さらいの犠牲者たちはどうなったのでしょうか。明治時代の警察の限界が窺われます。人さらいのおぞましい話も歴史の闇に隠されたようです。「民に知らしめるべからず」という警察の伝統があるそうですが、明治時代の警察の異人に対する知識はどの程度のものでしょうか。

 

・「山田で見られた蜃気楼の都市は、神智学でいう『エーテル界の都市』すなわち、『幻の神々の都市』ではなかったのでしょうか」。多くは幻覚と幻視で片づけられます。「神々の都市で神々と魔女たちが何をしているのかは大きな謎である」といわれます。むしろ超近代的な世界で、マネジメント万能至上主義の精神的資本主義を遂行しているのかもしれません。

 

・米国の著名なUFO研究家が「アリゾナ州セドナ上空にエーテルのシティが滞空している」と言っていたそうですが、山田上空に見えないエーテルのシティでも滞空しているのでしょうか!?山田町の十二神山の由来が知られています。その昔様々な異人や神人が東北地方を徘徊していたのでしょうか。

 

・つまり明治時代に『宇宙連合』が東北地帯に飛来していたようなのです。(アデプト(達人)たち)や異人たちネットワークもあったらしいのです。以前にも『遠野物語』を紹介しましたが、現代では異人や天狗は宇宙人であるという仮説が提示されています。

 

・爬虫類人(レプティリアン)も人間タイプは非常に知性的な顔をしているそうです。進化の早い異人たちもほとんど人間と変わりがなくなっていることでしょう。異人のネットワークの存在についても誰も分からないようです。

 

・全国に伝説があり農民たちの共同幻想の産物ではなく、実在したという『天狗』や『異人』。幽霊話も多いですが、意識変性状態で異次元のアストラル界の住人たちが地上に出てくるのを一般人が認識することもできるようです。幽霊はアストラル界の住人たちで、人間がかいま見ることもできるようです。

 

・天狗は「人間よりも劣る」むしろ「神に近い存在」なのかもしれませんが。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですので、日本に来た異人たちも社会に浸透してきたのかもしれません。異人たちは、アストラル界の住人たちであったのかもしれません。

 

・アストラル界の住人たちが人間の姿を装い地上に出てきていたということは「アバブ・トップシークレット」のようです。現代では宇宙人が空飛ぶ円盤で来るというよりもウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やその他の形態で異星人が地上に登場してきているそうです。

 

・背後霊や守護霊は宇宙人の憑依体なのかもしれません。異星人は一般的にタイム・トラベラーだそうですし、「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうです。

 

・地震の予知に関しては、荒唐無稽な話も多いそうですが、「CIAの超能力透視部隊」、ジョー・マクモニーグルの「FBIの超能力捜査官」のようなエスパー(超能力者)の組織を30億円程度で設立する必要があるそうです。

 

・エスパーによる透視研究は高くつくものではありません。阪神大震災で20兆円の損害と約6千人の死者、この度の東日本大震災で30兆円の国家損害と約3万人の死者の惨状を考えた時、費用対効果として、30億円は安いものでしょうか。

 

・「日本は先進国だ」そうですが、非近代的な面や遅れた点、頭の古い点や制度が、非常に多いとはいいませんが、予想外に多いそうです。この国家的危機の時には「どの党も関係者もあらゆる面で改革、近代化を急がなければなりません」、この国難・国家的危機に民族の英知を結集するばかりでなく、世界中の英知を投入しなければ間に合わないでしょう。

 

・そうでなければ、過去何度もの大津波で親族を殺され、今また壊滅的な被害を受けた被災者の苦悩を救うことはできないでしょう。さて、どこに『震災の英知の集団』があるのでしょうか。地震学者たちはしっかりと仕事をしていたのでしょうか。

 

・『『日本は先進国』のウソ』(平凡社新書)(杉田聡)という本がありますが、「日本の失われた20年の日本経済の惨状」という背景ですが、20年は、あまりにも長いものでした。この震災で消費が低迷しマイナスが加速されるそうです。テレビなどで社会の「遅れた面」がしばしば報道されますが驚きです。かつて賞賛されたエリート官僚たちの働きは昔の面影もないようです。本当でしょうか。様々な日本の分野の近代化を遅らせる原因は何なのでしょうか。「あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのである」といわれます。「改革が遅れているのは本当に優れた官僚や政治家が登用されていないからだ」といわれます。

 

・かなりの確率で当たったといわれていたブラジルの予知夢で有名なジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの未来予知も、有名になったためなのか、メディアに載り注目を浴びると予言が当たる確率が低くなったようです。

 

・神とのチャネラー、コンタクティであるともいわれる同氏は、日本でも数冊の本が出版されています。ところで2008年8月には『2011年、日本経済は破綻』、『2012年、大阪でM8.9の大地震が起き、多数の死者がでる』と予知夢で予言していたのですが、正確に当たらなくなったとはいえ不気味です。

 

・ちなみに、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースの予知夢は、近未来の予言が凄まじく私たち一般人には、にわかに信じ難く、多くの人々が荒唐無稽な印象を受けますし、予言が当たる確率が低くなったようなので、最近はさすがにマスコミ、出版社も取り上げないようです。

 

・「1000年に一度の『天災』ではなく100年に一度の『人災』であった」といわれます。「(明治29年の大津波(明治三陸地震))明治29615日(旧暦55日)夜8時ごろ岩手県を中心とする三陸沿岸を襲った大津波のことです。波高は38.2メートルを記録し溺死者は22千人といわれ最大級の津波でした。とくに大槌町では日清戦争の凱旋記念花火大会が行われていて一瞬のうちに全滅という惨状だった」と語られています。この度の大地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方々と、そのご遺族の皆様に深くお悔やみ申し上げます。

 

・さて「専門家の想定外の大津波」で壊滅的な約30兆円の被害と約3万人の死者がでた東日本大震災ですが、チリ地震の津波を基準にして作成された防災計画は役に立たなかったことは、非常に残念です。なぜ明治29年の大津波の40メートル(明治三陸地震)を基準にしなかったのでしょうか。昭和8年(1933年)の昭和三陸地震の教訓は生かされたのでしょうか。昭和三陸地震の際、津波が襲来した後の田老村は、家がほとんどない更地同然の姿となったそうです。

 

・3階以上も超えてくる大津波ではたまりません。原発の津波の防災レベルも5メートルの津波基準で低かったので未曽有の国家危機となりました。放射能が東京まで飛んできたら大変な危機でした。東京の住民が避難する懸念もあったそうです。松下幸之助が「国土の狭さが諸悪の根源だ」と言ったことが思い出されます。

 

・防災計画は日本の津波災害史上で最大の被害となった明治29年の大津波40メートル(明治三陸地震)を基準にすべきだったそうです。

 

・明治三陸津波の到達高は、全般的に10メートル程度、最大で38メートル。防潮堤の高さは、資金面から限られますが、避難基準に「明治29年の大津波(明治三陸地震)」のものを参考に適用すべきだったそうです。 「明治29年の大津波(明治三陸地震)」教訓は、一部の民間人の教訓にも活かされたようです。

 

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏の予言は、荒唐無稽で私たち一般人にはにわかに信じ難い予言が多いようです。しかし、30年以上にわたって、世界中に送り届けた予知夢の警告レターは9万通以上と言われ、そして、その的中率は9割であると書籍には書いてあるのですが!?私が一読するとあまり当たっていないように思えます。量的な面と質的な面に疑問を感じます。

 

・最近の彼の動きを示す書籍が出ないので詳しくはわからないのが残念です。しかし、その的中率9割ということには、疑問が生じます。預言の世界は、1件でも当たらないと、すべてが否定される傾向があるようです。そして、読み捨てにされる傾向もあります。

 

・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏は、書籍も数冊、日本で出版しており日本でもテレビなどに出演したそうですが、その破滅的な予言のせいか、最近では、マスコミも相手にしていないそうです。

 

・「予言が的中しなかった」という事実は、事件や災害が未然に防げたということになるので、大変嬉しい結果なのです」と同氏は語っていますが。どうやら一種の神とのコンタクティらしいのです。

 

・「日本沈没」のSF作家、小松左京氏が、亡くなられましたが、「日本沈没」については欧米の著名な予言者数名も言及しています。 どういう解釈をとればいいのか私は分かりません。理解不能な荒唐無稽な予言でしたが、パラレル・ユニバース(並行宇宙)の解釈が違うのではないでしょうか。

 

・直接的に解釈すると奇妙な話になるようです。日本映画で「日本沈没」というSF映画もありましたが、地軸の移動のような大異変があるとは思えませんが。「日本沈没」の予言は、さまざまに解釈されていますが、例えば「日本は遠い未来に異次元のエーテル界(海)かアストラル界(海)に沈む」という解釈ではないかと思うのですが!?エーテルは、古来から「光り輝く海」のイメージとして言及されてきました!?

 

・「2008年10月;地震が原因で、柏崎刈羽原子力発電所で放射性物質が漏れる」という具合に原発事故も預言していたので、背景に神のような者の存在が窺われるといわれます。

 

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド

 

 

 

 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿