2015年4月22日水曜日

当時のグーグルは「コンピュータ1台とパートが1人」だけの会社だった。しかし1年後には40人の従業員を抱え2000年6月には検索対象のウェブサイトが10億を超え世界最大の検索エンジンとなった。2013年時点でグーグルの社員は全世界で約3万人。その53%は研究開発に従事し同社の持続的な成長を支えている。


 

 

『経営学大図鑑』

イアン・マルコーズ   三省堂    2015/1/21

 

 

 

<巨大な組織はいらない、コンピュータ1台とパートが1人いればいい  小さいことはいいことだ>

<インターネット・ビジネス>

・検索エンジンはもともと、ウェブ空間で増殖を続ける膨大な情報へのアクセスを容易にするために生まれた。院生時代のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが開発したのも、欲しい情報(を含むウェブサイト)をすばやく、かつ効率的に探し出すためのツールだった。2人は1998年9月に友人宅のガレージを借り、そこを住所とし、「グーグル」という会社名で銀行口座を開設した。ペイジによれば、当時のグーグルは「コンピュータ1台とパートが1人」だけの会社だった。

 しかし1年後には40人の従業員を抱え、2000年6月には検索対象のウェブサイトが10億を超え、世界最大の検索エンジンとなった。2013年時点で、グーグルの社員は全世界で約3万人。その53%は研究開発に従事し、同社の持続的な成長を支えている。

 

<ウェブのビジネス>

1990年代を通じてネット上の双方向コミュニケーションが現実になってくると、企業はそこで商売をする可能性に気づき始めた。いわゆるeコマース(電子商取引)の始まりである。

 

・そして1995年、書籍の本格的なオンライン通販が始まった。ジェフ・ベゾスが米シアトル市内の自宅ガレージで立ち上げたアマゾンである。ほぼ同時期に、同じ西海岸のカリフォルニア州サンノゼではピエール・オミダイアが自宅で、競売サイトのオークションウェブ(後のeBay)を立ち上げていた。

 

<小さく始める>

・eBayもアマゾンも、小さく始めて大きな成功をつかんだ。これに刺激され、世界中でネットを利用した小規模な起業があい次いだ。こうして会社と顧客の関係はがらりと変わり、今までは考えられなかった形で売り手と買い手が向き合うようになった。eBayやアマゾンの成功で、「小さいことはいいことだ」が現実になった。

 

<小回りのきくサービス>

・ネット経由でモノやサービスをなんでも買える時代に、小さな業者が生き残るには、大手にはない何かを提供する必要がある。

 

<限りなくパーソナルに>

・インターネットの普及により、多くのビジネスから「仲介業者」が消えた。今では誰もが直接オンラインで航空券を予約できるから、旅行代理店の介在する余地は減った。出版の世界でも、今は著者が自分で、ネット上で作品を発表できる。もうエージェントを介する必要もないし、出版社を通す必要もない。実際、ネット上で自費出版した電子ブックがベストセラーになり、あとから大手出版社に買い取られた例もある。

 

・インターネットでは極限まで情報をしぼり込み、ターゲットをしぼり込める。

 

<未来予測はバックミラーだけ見て運転するのと同じくらい難しい  売り上げ予測>

・売り上げの予測はマーケティングの重要な役割の1つだ。マーケティング部門のはじき出す売上げ予測に基づいて、社内の各部門は経営全般にわたる決定を下していく。1930年代には経済学的なモデルを用いて市場ごとの売上げを予測する試みが登場し、50年代以降は定量的・定性的な分析が行われるようになった。

 

<想定外の事態>

・もちろん、どれほど慎重に計算された予測でも、想定外の事態が起きれば役立たずになる。たとえば旅行産業の場合、その売上げ予測は天候や自然災害、世界各地の社会情勢などに大きく左右される。

 

<予測は役に立つか?>

・経営指南の大御所ピーター・ドラッカーは予測というものを信用しない。1973年の著書『マネジメント』では「ごく短期のものを除けば………予測など無意味だという前提で始めるべきだ」と述べている。なぜか。1929年の夏にある経済誌が、株価は今後も上がり続けると宣言した数週間後に、あの大暴落が起き恐慌が始まったからだ。

 

・国際的な大手監査法人KPMGによれば、ほとんどの会社が発表している予測は非現実的なもので、平均すると13%程度の誤差があるという。では、どうすれば精度をあげられるのか。KPMGによれば、データ管理とシナリオの想定を改善し、長期の予測をせず、短期の予測をこまめに修正していくしかない。

 つまり、正確な予測は困難だが、それを承知で慎重に市場動向を読む努力を続ける。そうして会社の意思決定を助けるのがマーケティングの役目だ。

 

<正しく予測する>

・売上げ予測の精度を上げる方法の1つは、リードタイムを半分にすれば予測の誤差も半分になるとの仮説もある。

 

・テキサス大学のエドムンド・プラターらは1990年代以降、情報技術を駆使して実需と供給量決定の時間差を縮め、需要をベースにしたサプライチェーンを築けば予測の精度を最大化できると論じてきた。需要を見てから企業が動けば、予測に依存する部分は減ることになる。実際、ウォルマート本部が各店舗に、発注を月に1度ではなく2週間に1度にするよう指導したところ、在庫を減らすことができた。リードタイムを短くしたことで、予測の精度が上がったからだ。

 

 

 

 

 『クローン人間にYes!』 (科学の力による永遠の生命)

クロード・ボリロン・ラエル (MUGENDO)    2002/10/7

 

 

 

 

<インターネット ――― 一つの宗教的な体験>

・インターネットは検閲の死を意味します。もはや禁制を敷くことはできません。インターネットの自由が極端な場合でも、神聖なものと考えられるならば革命的な地平線への扉を開きます。

 

・印刷機が発明され、考えが自由に行き渡るようになった結果、宗教的な革命が起こり、プロテスタントとカトリック教会に大きく分裂しました。そのお陰で、当時のカトリック教会の強大な勢力が弱まりました。

 

・当時のフランスのような全体主義で自由殺しの国々は、聖バーソロミューでは、何千人ものプロテスタントが、政府の命令で虐殺されました。

 

・新しい考えが社会に影響を与えるまでには、何世紀もかかったのです。でも印刷機のお陰で、彼等の考えが社会に大きな影響をもたらす重要な時間は、ほんの数年に縮まりました。

 

・イエスの時代に印刷機があったならば、キリスト教がヨーロッパに広まるのに何世紀もかからなかったでしょう。

 

・インターネットを使えば、全地球上で即座に革命的な考えをアクセスできます。

 

・より若い世代の人たちは、日曜の朝のミサで過ごすよりも、インターネットで過ごす時間が増えています。

 

・インターネットは、今日のどのミサよりも、はるかに宗教的な体験です。

 

・インターネットほど人類を一つにするものはありません。

 

・宗教「religion」という言葉は、ラテン語の「religere」から来ており、「繋ぐこと」(つなぐこと)を意味します。インターネットほど人類をつなぐものはありません。

 

・毎日、何百万人もの人間が、世界のネットワーク上の巨大な集団の「ミサ」で回線上で「聖餐を受けている」のです。

 



■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

 

・amazonに「グーグル」と入れますと1098件の書籍がわかります、それほどネット業界やビジネス界で注目されている企業だからでしょう。ネット業界の動きは速くて、私たち一般人には、到底、把握ができないようです。グーグルはネット業界の神話をリードする企業のようです。「グーグル」関連の本が頻繁に出版されている印象です。ビジネス界の競争は非常に激しく「経営学」もよく研究されているそうです。

 

・「“ネット革命”によって、営業マンがいらなくなる」ということが昔いわれましたが、物を作り、物を売るということにインターネットが介在して、大きな変化がビジネス界に起こったようです。「インターネットの普及により、多くのビジネスから“仲介業者”が消えた」ようです。eコマース(電子商取引)の将来も大きな変化が起きてくるようです。サイバー攻撃やネット犯罪、個人情報漏洩の問題も増えており、ネガティブな面にも注目していかねばならないようです。

 

・クロード・ボリロン・ラエルというフランス人は、リラ星人に遭遇し、リラ星に行き、「天国に行ったようだった」と体験記を発表して、世間を驚かせました。日本でも、数冊の書籍が出版され、国際ラエリアン・ムーブメントに多くの人が参加しているようです。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。リラ星人のエロヒムが「人間を実験室で創った」といわれます。

 

・リラ星人エロヒムのコンタクティであるフランスのクロード・ボリロン・ラエルによると遺伝子操作による「不死の惑星」に行ってきたと述べています。リラ星人も人類の源流ともいわれ謎の多い宇宙人種族のようです。サタン(悪魔)といわれるリラ星人は無神論者のようです。

「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれます。また日本人の遺伝子にはリラ星人の遺伝子も混じっているようです。

 

********************************
・ブログ名称 UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

 

0 件のコメント:

コメントを投稿