2014年5月17日土曜日

この国における古くからの伝承が神像をつくるときに蘇ったのではないだろうか。翁(老人)は目に見えない神の存在にもっとも近い存在として尊ばれ信仰の対象とされていったのである。


 

 

『能を考える』

山折哲雄    中公選書   2014/3/14

 

 

<「翁」とは誰か>

・最初の問題であるが、私はかねて仏像の顔はその多くがみんな若々しいのに、古い神像の方にはむしろ森厳な老いの表情が漂っているということに不思議な思いを抱いていた。「ホトケは若く、カミは老いたり」とつぶやいていたのである。

 

・そういえば記紀神話や八幡神の縁起などをみると、神々がしばしば老人の姿をとってこの世にあらわれるシーンがでてくることに気づく、天つ神が地上に降り立つとき、年たけた老人が出現して「われは国つ神」と名乗り、案内の役をかって出る。八幡神や稲荷明神は、地上の神主の懇請によってこの世に姿をみせるが、そのときは容貌魁偉な老翁に変身するのである。

 そのようなこの国における古くからの伝承が、神像をつくるときに蘇ったのではないだろうか。翁(老人)は目に見えない神の存在にもっとも近い存在として尊ばれ、信仰の対象とされていったのである。

 

・要するに、一口にオキナとはいっても、わが国には優しい「翁」と怖い「翁」という二種類のオキナの系統があったといっていいのではないだろうか。換言すれば、神に近いオキナと人間に近いオキナがどうも存在していたらしい。そして、おそらくそこからは、オキナの両義性といった問題までが生ずる。

 

・佐成謙太郎氏の『謡曲大観』には、235番の曲が収められているが、そのなかに、いわゆる翁の姿でシテとして登場するのが50数番ある。そのほとんどは夢幻能で、そこにあらわれるシテは神霊であるか、または歴史上の人物の亡霊が姿を変えたものだ。「翁」は神霊や亡霊の化身として、舞台の上にしずしずあらわれる。それが歴史上の人物である場合は、はじめは翁の姿(前シテ)であらわれ、やがてその正体(後シテ)をあらわす。

 後シテは胸のうちにつもり積もった怨念や心残りを掻き口説き、やがて生きている者(多くは僧)の回向と慰めの言葉をうけ、舞を舞って退場していく。翁変じて亡霊(または神霊)の正体が現れ、舞台は急速に終息に向かう。

 

  ・ここでとくに注目したいのは、右の夢幻能に登場する翁の仮面がすべて尉面(注;老翁の相を表す能面の総称)であるということだ。さきの分類でいえば、怖い翁に属する。

 

  ・このように考えてくると、この尉の仮面表情がいつしか時空のへだたりを飛びこえて、何とも不思議なことにあの松尾大社の男神像の表情にしだいに似てくることに気づく。

 

<「翁」はどこから来るか>

・翁のことを考えるには、やはり折口信夫の仕事に注目しないわけにはいかない。かれは昭和3年(1928)に「翁の発生」という論文を書いているが、そこに展開されている仮説が導きの糸になる。その要点は二つである。

第一は、能の<翁>や<高砂>にみられる翁の舞は、猿楽の伝承にもとづいてつくられたもので、それに先行する反閇芸や鎮魂・祝禱の儀礼から発展したものだという。

 折口のいう第二の論点が、翁舞の翁の姿は山神のイメージと結びつく、ということだった。その山神の源流をたどっていくと、「まれびと」(稀なヒト)の信仰にまでいきつくという仮説である。「まれびと」というのは折口の独自の概念で、農村のような定住社会に外界から尋ねきて祝福を与えるもののことをいい、新しい技術や知識を伝える一種の人神(ヒューマン・ゴッド)のようなものだ。定住民にたいして遊行・漂泊の民といってもいいし、異人といってもいい。

 

・ところが、この二人組と一人稚児による翁舞は、古くは三人の翁によって演じられていたところが、この二人翁と一人稚児による翁舞は、古くは三人の翁によって演じられていたらしい。というのも当の能楽を大成した世阿弥は、主著の『風姿花伝』のなかで、翁舞は稲積の翁、代継(経)の翁、父の助(尉)の三人の老翁によって勤められるといっているからだ。

 

・私は前に、日本文化における老人=翁の信仰が、歴史的に優しい翁と怖い翁という二つの表情を生み出したということを考えてみた。

 

・そのことについて、最後につけ加えておきたいことがある。私は怖い翁とは「神に近い」老人のことだといったが、そのことについてである。いったいどうしてそうなのか。これについでは、柳田國男『先祖の話』のなかでいっていることが参考になると私は思っている。かれはそこで、日本人は古く、人間は死ねば家や周辺にある山や森や丘にのぼって祖霊になると信じてきたといっている。死霊が祖霊になり、さらに供養をうけて一定期間をへると、最後にそれがカミになる。このカミはやがて正月や盆などの季節になると里に下りてきて、村人を祝福するのが常だった。それらのカミはさまざまな形をとるようになるが、そのなかから鎮守の神や産土の神となるものが現れ、氏神として祀られるようになった。つまり日本人の深層意識に、人間は死後カミになり、この世の生者たちと交流する、という基層的な信仰ができ上がったというのである。

 

 

 

『大いなる秘密』(爬虫類人・レプティリアン)

(デービッド・アイク)(三交社)   2000/8


 

<いわゆるメン・イン・ブラック(黒服の男たち) 、MIBと略されたり、「ブラックメン」などとも呼ばれる。>
UFO研究所の周辺によく現れ、ときにCIAやFBIと偽称し、研究の妨害等を行う。黒い帽子に黒い服を着ていることが多いため、この名がある。近年では、研究所ばかりではなく、異星人やUFOに関する情報に深入りした人々に脅しをかけることで知られているが、彼らメン・イン・ブラック(黒服の男たち)が実体化したり非実体化するのを見たという情報が数多く上がっている。

・それもそのはず、彼らは、次元と次元との間を自在に行き来する能力を持ち、あらゆる形態をとることができるのだから、エリート一族に見られる強迫的観念的同系交配は、このような変身能力を与えてくれる遺伝子構造を維持するためのものだ。彼らが、次元の間を行き来し人間の姿とレプティリアンの姿のあいだを自由にシェイプ・シフトできるのは、彼らが受け継ぐ特異な遺伝子構造のおかげなのだ。遺伝子構造がレプティリアンのオリジナルから離れてしまうと彼らはシェイプ・シフト能力を失ってしまうのである。


『宇宙人遭遇への扉』 

(リサ・ロイヤル&キース・ブリースト)(ネオ・デルフィ社) 2006/2


 

<琴座は地球が存在する銀河系宇宙の領域における、人間型生命体の発祥地である>

<銀河系宇宙共同体>
・エネルギーのレベル、あるいは物質のレベルで、地球の発展とかかわりを持つ、物質的および非物質的な宇宙人の各種族を指す。琴座の各種族、シリウス人、プレアデス人、ゼータ・レチクル人、オリオン人を始めとして、本書で述べられていない多数の宇宙人種が、銀河系宇宙の一族を構成している。

<ヒューマノイド>
・肉体的な特徴が地球人と似ている宇宙人を指す。ヒューマノイド(人間型宇宙人地球人もこれに含まれる)の血統上の起源は琴座に求められる。

<琴座>
・地球上には事座に関する神話が古くから残されてきた。なかには琴座とプレアデス星団との関係について述べたものもある。琴座は地球が存在する銀河系宇宙の領域における、人間型生命体の発祥地である。シリウス人、オリオン人、地球人、プレアデス人、ベガ人、ゼータ・レチクル人、ケンタウルス人、アルタイル人を含むさまざまな宇宙人は、すべて琴座で発生した種族の子孫である。

<ベガ>
・琴座の一等星で、琴座にありながらその中のどの星系よりも距離的には地球に近い。琴座の中で、統一性がある独自の文明を形成した最初の星の一つである。アルタイル、ケンタウルス、シリウス、オリオンなどを始めとして、ベガ人が人種の創成や入植を行った星系は多数ある。

<アストラル・プロジェクション>
・「星気体の投射」の意。西洋神秘学によれば、「星気体」(アストラル体)とは、肉体よりも精妙な周波数からなり、通常は肉体と重なり合って存在する「身体」のことである。ある種の人々は意志の力によって、この「身体」を外部に投射でき、通常の感覚を保ったままで、これを通して旅をすることができる。




私が思うこと、聞いたこと、考えること

・神が翁の姿をとりこの世の者とコンタクトするという話は少なくないようです。「容貌魁偉な老翁」のイメージは、どのようなものなのかは分かりませんが、人間的な老人のイメージではなさそうです。現代では「神々も市井の人となり普通の生活をしている」とか「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ことで、誰もが識別できないそうです。異人や神人のネットワークがあり同類だけが認識できるのかもしれません。地上にいる神々のこともアバブ・トップシークレットなのでしょう。異星人の初歩的なことも分かりませんし、ましてや遥かに進化した異星人(神々)の異次元のことについてはほとんど分からないそうです。現代では若く見える神々も存在するのかもしれません。

 

・「遥かに進化した異星人(神)は人間の精神体に侵入してくる」ともいわれます。人間の目に見えない次元を自由に移動しており、誰も認識が出来ないそうです。『遠野物語』の「異人」はオリオン星人だったという説もあるようです。また「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という話もあります。オリオン星人は非常に階級意識が強く、テレポート(瞬間移動)もできるし、神や魔神に近い存在かもしれません。いわゆるシリウス星人のネガティブ・グループなのかもしれません。

 

・「遠野郷の民家の子女にして、『異人』にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということで、「異人」は悪者のイメージでした。「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということで、「神隠し」もオリオン星人の犯行だったのかもしれません。

 

・また米国でもメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)はオリオン星人といわれ、UFO研究者たちを脅していたそうです。ゼータ・レチクル星人(グレイ)のアブダクション(誘拐)にもオリオン星人が関わっていたのかもしれません。しかし、ハリウッド映画『MIB・メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)』では宇宙警察のイメージでした。爬虫類的異星人(レプティリアン)と金星蛇人、アヌンナキ、オリオン星人は同系列なのかもしれません。爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間化しており、イタリアのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「知性的な顔をしている」そうです。

 

・火星霊人の神々に対抗する金星のマスター(長老)系列の神々の二種類の神々が存在するのかもしれません。旧約聖書と新約聖書の神々が違うという説もあります。金髪碧眼のノルディックが、レプティリアンを低層4次元に追いやったともいわれています。

 

・メン・イン・ブラック(黒服の男たち)は、オリオン星人とも言われ、グレイと同様に異次元移動能力があるそうです。これは、日本における昔の宇宙人の河童や異人にも言えることなのでしょうか。異人がオリオン星人でバイオ・ロボットの河童は眷属(従者)だったのかもしれません。

 

・「実験室で人類を創造した琴座(リラ)星人」と「思念で人類を創造したシリウス星人」と二種類の宇宙人の対立があるという説もありますが、人類の創造に関しては諸説あるようです。人類の創造については従来から進化論があり、学会は保守的なようです。

 

*********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿