2014年5月9日金曜日

地震と津波による死者は2万1915名、行方不明者44名。このうち岩手県の死者行方不明者は1万8158名と、全体の8割以上を占めるものだった。家の流出は9千戸、船の被害は7000隻にもおよんだ。この日は旧暦の端午の節句で、祝いに興じていた人々も多かったといわれる。


 

 

『柳田国男と今和次郎』  災害に向き合う民俗学

 畑中章宏   平凡社   2011/11/16

 

 

<『遠野物語』と三陸大津波>

<津浪で妻を亡くした男>

99 土淵村の助役北川清という人の家は字火石にあり、代々の山臥にて祖父は正福院といい、学者にて著作多く、村のために尽くした人なり。清の弟に福二という人は海岸の田の浜へ壻に行きたがるが、千円の大海嘯(おおつなみ)に遭いて妻と子とを失い、生き残りたる二人の子とともに元の屋敷の地に小屋を掛けて一年ばかりありき。夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたところにありて行く道も浪の打つ渚なり。霧の布きたる夜なりしが、その霧の中より男女二人の者の近よるを見れば、女はまさしく亡くなりしわが妻なり。思わずその跡をつけて、はるばると船越村の方へ行く崎の洞ある処まで追い行き、名を呼びたるに、振り返りてにこと笑いたり。男はと見ればこれも同じ里の者にて海嘯の難に死せし者なり。自分が壻に入りし以前に互いに深く心を通わせたりと聞きし男なり。今はこの人と夫婦になりてありというに、子供は可愛くはないかといえば、女は少しく顔の色を変えて泣きたり。死したる人と物言うとは思われずして、悲しく情けなくなりたれば足元を見てありし間に、男女は再び足早にそこを立ち退きて、小浦へ行く道の山陰を廻り見えずなりたり、追いかけてみたりしがふと死したる者なりと心付き、夜明まで道中に立ちて考え、朝になりて帰りたり。その後久しく煩いたりといえり。

 

・北川福二の妻と子、そして妻と心を通わせていた男の命を奪った津波は、1896(明治29)年に発生した明治三陸地震によるものだった。

 

・同年615日の午後732分、岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)の東方沖200キロメートルを震源とするマグニチュード8.28.5の巨大地震は、地震後の津波が当時本州における観測史上最高の遡上高である海抜38.2メートルを記録するなど、津波の被害が甚大だった(この津波の記録は2011年に起きた東日本大震災により40.5メートルを記録したことで更新される)。

 

・津波の到達範囲は北海道から宮城県におよび、岩手県の三陸地方では、下閉伊郡田老村(現・宮古市)で14.6メートル、同郡重茂村(同)で18.9メートル、気仙郡吉浜村(現・大船渡市)で22.4メートル、同郡綾里村(同)で21.9メートルという到達高度を記録。北川福二の話に地名が登場する下閉伊郡船越村でも10.5メートルもの高さだったという。 

 

・地震と津波による死者は21915名、行方不明者44名。このうち岩手県の死者行方不明者は18158名と、全体の8割以上を占めるものだった。家の流出は9千戸、船の被害は7000隻にもおよんだ。この日は旧暦の端午の節句で、祝いに興じていた人々も多かったといわれる。

 

 

 

『未来を透視する』(ジョー・マクモニーグル) FBI超能力捜査官
(ソフトバンク・クリエイティブ)2006/12/21

<気象変動>
・来るべき気象変動により、2008年からこの台風の発生回数は増えていくと私は、予想している。とくに2011年は過去に例を見ない台風ラッシュとなり、大規模な暴風雨が吹き荒れる深刻な年になるとの透視結果が出ている。この台風ラッシュは、2012年にずれこむかもしれないが、可能性は低い。嵐の増加を促す地球の温暖化は、現在も急速に進行中だからである。

2010年から2014年にかけて、また、2026年から2035年にかけて、平均降雨量は年々560710ミリメートルずつ増加する。現在から2010年にかけて、また、2015年から2025年にかけては、380530ミリメートルずつ減少する。現在から2010年にかけて、また、2015年から2025年にかけて、平均降雪量は300550ミリメートルずつ増加する。 

 

『未来を透視する』   ジョー・マクモニーグル
ソフトバンク・クリエイティブ    20061226



<日本の自然災害>
2010年、長野で大きな地震が起きる>

・透視結果を見てもうろたえず、注意程度にとらえてほしい。ただし、最悪の事態に備えておいて、何も起こらないことを願おう。こと天災に関しては、透視は間違っているほうがありがたい。



<今後、日本で発生する大地震>

2007
年  高槻市  震度6
2008
年  伊勢崎市 震度6
2010
年  長野市  震度7
2012
年  伊丹市  震度6
2018
年  東京都  震度6
2020
年  市川市  震度6
2037
年  鈴鹿市  震度7

・噴火や地震にともなって海底では地盤の隆起や沈降が起きる。そして、膨大な量の海水が突然動きだし、衝撃波となって陸地の海外線へと進行する。 

・遠洋ではあまり目立つ動きではないが、浅瀬に入ると、衝撃波は巨大な津波となって陸地を襲い、都市部などを徹底的に破壊してしまう(波の高さはときには30メートル以上になることもある)。 

・内陸へと押し寄せる力がピークに達すると、今度は海に戻り始め、残された街の残骸を一切合財引きずりこんでいく。警告もなしに、突然襲ってくれば被害はとりわけ甚大となる。

・幸い日本には、優良な早期警戒システムがあるのだが、海底地震が発生して警報が発令されてから、津波が押し寄せる時間は、残念ながらどんどん短くなっている。

<日本を襲う津波>

2008
年夏   11メートル
2010
年晩夏  13メートル
2018
年秋   11メートル
2025
年夏   17メートル
2038
年初夏  15メートル
2067
年夏   21メートル

日本は津波による大きな被害を受けるだろう(なお、波の高さが10メートル以上に及ぶものだけに限定している)。北海道の北部沿岸の都市部は特に津波に弱い。徳島市、和歌山市、浜松市、鈴鹿市、新潟市、石巻市も同様である。このほかにも津波に無防備な小都市は数多くある 

<土地>

・気象変動とともに、日本の土地問題は悪化しはじめる。沿岸部での海面上昇と、暴風雨の際に発生する大波によって、低地の村落と小都市の生活が脅かされるようになる。堤防や防壁といった手段は効力を発揮しないため、2012年から2015年のあたりまでに多くの人が転居を余儀なくされるだろう。
 





私が思うこと、聞いたこと、考えること

・この話は、死んだ者との幽霊に遭った話ですが、夜の意識変性の状態でのことだと思われます。夢の中で死んだ家族に出会うという現象はよくあるようです。人間の死後の幽界や霊界は、臨死体験などから報告されており、死後の世界は欧米の学者の関心や研究の対象のようです。幽界や霊界は異次元の世界で、神智学で言うアストラル界やエーテル界の世界と性質が似ているようです。異次元にパラレル・ユニバース(並行宇宙)があり都市があり異星人が存在するという話も私たち一般人は、理解が進まないようです。また「幽霊」を見る現象も不思議なもののようです。

 

・このたびの東日本大震災は、「歴史は繰り返す」ということでしょうが、明治三陸地震の教訓が生かされていなかったのは残念です。そのほかに昭和三陸地震津波やチリ地震津波など、三陸地方は津波の大きな被害を受けましたので、関係当局は当然ながら対策を打っていたようです。が、過去の津波被害の学習能力が高いとは言えなかったそうです。東日本大震災から3年が経ちましたが、被災地ではさまざまな課題や問題を抱えていますので、政府の適切な対策が望まれています。

 

・これからの地震津波の大災害の警告も頻繁に行われ防災対策も練られているようです。南海トラフ巨大地震津波や首都直下地震津波と大きな地震研究機関からの警告は「発生確率の高いもの」として不気味なものです。「いつかは分からないが発生確率は非常に高い」というのですから、心配です。2020年の東京オリンピックにむけて、地震や津波の対策が全国的に、急がれているようです。「天災は忘れたころにやってくる」そうです。そこで当ブログも「日本は津波による大きな被害をうけるだろう」という副題をつけました。

 

*********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 

0 件のコメント:

コメントを投稿