2014年4月14日月曜日

河童は8000万年前に宇宙から地球上に来ました。さっき言っていた太平洋の海底の基地に彼らはまだいますよ。マリアナ海溝に彼らはまだいます。


 

 

『妖怪文化入門』

  小松和彦      角川学芸出版   2012/6/22

 

 

 

<河童>

<「河童」とはなにかー近世に発見された「河童」>

・「河童」は、数ある妖怪のなかでももっともよく知られた妖怪である。

 

・「河童」は、河の淵や沼などの水辺に出没し、人間や家畜にさまざまな怪異をもたらすと信じられてきた「生き物」であった。

 

・河童の地域語(方言)は、おおざっぱにいえば、青森地方がミズチ系、関東から東北にかけての広い地域がカッパ系、長野・愛知地方がカワランベ系、佐渡や能登半島がカワウソ系、奈良・和歌山地方がガタロー系、四国から広島・山口地方がエンコー系、九州の大分地方ではドチ系、宮崎地方ではヒョウスベ系、熊本から鹿児島にかけての地方ではカワワラワ(ガワッパ)系、奄美地方ではケンモン系である。

 

・本草学者たちは、とりあえず「河童」が実在する動物らしいと考えたようである。そして、それは、中国の「水虎」と呼ばれる動物にほぼ相当するとした。つまり、簡単にいうと、中国名「水虎」、和名「河童」、地方による異名多し、というように分類・記述されたわけである。

 

<近代に入ると、「河童」は徐々に民族社会から消えてゆく>

・すなわち、柳田國男は「河童」伝承の多様な特徴のうち、「馬を水中に引く」つまり「駒引」にその本質的な部分があると考えた。

 

<「河童」研究の新しい展開>

・「軽く」という意味は、「河童」は結局のところ「河童」という名の幻想動物なのである、という基本的な認識に立っているからである。

 

・こうしてみると、この十年間の「河童」研究の新たな展開の原動力のひとつに、私の「河童人形起源説」についての研究があったのはどうやら確かなようである。近代の「河童」研究は、柳田國男によって先鞭をつけられた。「河童」に関するデータは豊富になり、それなりに研究も蓄積されてきた。しかし、柳田が指摘した諸特徴のうちの、まだほんのわずかしか研究は深化していないようである。

 

・日本でもっとも愛される妖怪のひとつで、いまや環境運動のシンボルにもなりつつある「河童」であるが、まだまだ未知の部分の多い存在である。だからこそ、人々を魅了する「妖怪」であり続けているのかもしれない。しかしながら、私たちは、それに惑わされることなく、「河童」の正体を明らかにする努力をもっと着実に試みる必要がある。「未知」は解きあかされねばならないのである。

 

 

 

『クラリオンからの伝言』

マオリッツオ・カヴァーロ  浅川嘉富 徳間書店   2009/4/27

 

 

 

8000万年前に地球にきた河童は、グレイの一種で、海底基地にいる!?>

・(カヴァーロ)河童ですね。知っています。水かきがありますよね。グレイの一種ですね。河童は8000万年前に宇宙から地球上に来ました。さっき言っていた太平洋の海底の基地に、彼らはまだいますよ。マリアナ海溝に彼らはまだいます。彼らは人造人間ですけれども、特に水の中で生きるのが好きですね。もちろん、地上でも生きられるんですけれども、1週間から10日ぐらいが限度で、特に光とか皮膚の問題があって、水の中に戻る必要がある。カバみたいですね。彼らもやはり人造人間、サイボーグです。すごく高い知能を持っています。

 

8000万年前です。ですから、本当にヒューンと日本に来たんですね。日本の近くのマリアナ海溝にある基地にもいます。そこに今もいます。ほかのエイリアンと一緒にいます。

 

・(補足説明)そもそもグレイと呼ばれる種は、彼らが住むゼータ・レクチル星で核戦争が勃発し、地下に住むことを余儀なくされた結果、地下生活に適するように、自らが持つ遺伝子工学のテクノロジーを駆使して大々的に遺伝子操作をし、体型のみならず内臓器官までつくり変えたようである。そういう意味で、5種類のグレイすべてが遺伝子操作を受けたサイボーグだとも言えるわけだが、始めから人造人間としてつくられた小型種のグレイのサイボーグとは、意味が異なるのではないかと思われる。



私が思うこと、聞いたこと、考えること

・「河童=幻想動物」説が依然、熱心な学者などから唱えられているようです。しかし、最近は「河童=宇宙人」説が研究者の間では増えてきているようです。「河童=宇宙人」、{異人や天狗、鬼=宇宙人}と理解すると多くの謎が解けるそうです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もさまざまな謎が分かるかもしれません。

 

・ヨーロッパや米国で言われている「リトル・グリーンマン」をイメージされます。ハリウッド映画で全世界に広まった小柄な「グレイ」のイメージも大きく影響しているようです。ヨーロッパでもグレイのような生物はよく目撃されており、「妖精」の範疇に入れられていたそうです。小柄なグレイと河童は図絵などをみると大きく違いますが、共通点もあり、種族の違いがあるが、似ている種族なのかもしれません。河童の頭の皿も謎のようです。

 

・人間との関わり合いの伝承も全国に豊富にある河童は、共同幻想、共同幻覚、空想の動物であるとは思えません。異類混血の伝説もあり、全国的に伝承・伝説が多くあり、今でも熱心な研究者が多いようです。Amazonのすべての項目に「河童」と検索すると1876件が分かりますし、書籍のみですと577件が出てきますので、全部に目を通すのも研究者たちは大変なことでしょう。またamazonに載らない」「古文書」の中の河童の文書を多く、まさに汗牛充棟だそうです。それほど、日本人には関わりのある「河童」も依然として、謎の多い「幻想動物」のようです。

 

・日本全国には「憑きもの」や「憑きもの筋」「憑霊信仰」があります。「憑き物」の大学の研究も豊富にあるようです。「関東地方の『オサキ狐』とか中部地方の「クダ狐」とか出雲地方の『人狐』、こうした『狐憑き』信仰に類似した動物霊憑きとしての四国・東九州地方の『犬神憑き』『犬神統』、トウビョウとかナガナワとも呼ばれる九州・中国地方の『蛇神憑き』『蛇神持ち』、飛騨地方の牛蒡種(ゴンボダネ)と称する『生霊憑き』『生霊筋』であった」とのこと。

これらは太古から続いている宇宙人に関わる「異次元現象」なのではないのでしょうか。不思議な現象とは、異次元に関するもののようです。

 

・クラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロというイタリア人によると「河童は現在も(異次元の)海底に存在している」そうです。

*********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 

0 件のコメント:

コメントを投稿