2014年3月22日土曜日

寅吉は人々の異界への想像力に応えるように師に従って空を飛ぶ。はるか地の北の果ての「夜ばかりの国」にいけばまた日本より海上四百里ばかり東方の「女嶋」にも飛んでいく


 

『平田篤胤の世界』

子安宣邦  ぺりかん社     2009/10

 

 

<『仙境異聞』―江戸社会と異界の情報>

<異界情報事件の発生>

・文政三年(1820)という年の秋の末、天狗小僧寅吉は多種多様の異界の情報を身につけて、まさしく事件として江戸社会に登場した。

 

・「此の境」(顕界・顕世)とは境を異にする「彼の境」(幽界・幽世)への関心を強く持つ篤胤を中心に、異界へのさまざまな探求的関心をもった人々からなるサークルの中に寅吉少年は置かれることになる。

 

<異界情報の探究者たち>

・幽界とは「此方の世界」(顕界)と境を異にした「彼方の世界」であり、顕界とともに篤胤の世界像を構成しているもう一つの世界であった。異界(幽界)の情報の伝達者寅吉とは、篤胤にとって珍奇な情報の伝達者であったのではなかった。寅吉とはむしろもう一つの世界がたしかに存在することの生き証人であったのである。

 

<異界情報と異界の構成><異界―山人の世界>

・その寅吉が師とする杉山々人にしたがって修行し、多くの知恵と術とを伝授され、山の修行者の生活法とそこに蓄積された知識・技術をも修得した「彼の界」すなわち、異界とは、山人の世界である。寅吉が体験したその山人の世界とは筑波山塊の一つをなす岩間山(愛宕山)であった。

 

・寅吉が「山人天狗」とともに修行し、生活をともにしたという世界は、たしかにこの江戸と地続きの、はるか北東に眺め見る筑波の山地にあるのだ。

 

・では寅吉が七歳の夏壺中に入って訪れて以来、15歳にいたるまでしばしば往来して修行し、生活したという「彼の界」すなわち山人の世界とは、修業者の世界としての特異性はあっても、江戸と地続きの世界として此の世と変わらぬ同質・同類の世界であるのか。

 

<異界の表象と異界の構成>

・寅吉がいう山人とは「山人天狗」と天狗=異類的存在と連称されるように、天狗といった異類に無限に接近している超常能力をもった山の修行者たちである。

山人はまた山の修行者として山伏(修験道者)と同様の宗教的な救済能力、呪術的な治療能力と施術の法とを身につけた修行者でもある。その最高の山人は、例えば、寅吉の師である杉山々人のように、諸神の祭祀者・祭事者であるとともに、みずからも神に近い聖性と力とをもった存在とされる。 

 

・「さて我が師の如きも、山に住む故に山人とは称すれども、真は生きたる神にて仏法なき以前より、現身のまゝ世に存し、神通自在にして、神道を行ひ、其の住する山に崇むる神社を守護して、其の神の功徳を施し、或は其の住する山の神とも崇められて、世人を恵み、数百千万歳の寿を保ち云々」と、神の聖性を具えた神通自在の異類的存在として語られている。

 

・こうして寅吉が伝える山人の世界すなわち異界を構成するのは、ほとんど天狗に等しい異類的な、しかも神格性を具えた高位の山人から、彼に仕え、そのもとで修業し、それなりの異能を具えた山人たち、そしてその世界の異類性からたえずそこに混入してくる魔性の異類・変化たちである。異界とは聖性から魔性にいたる質的差異を含んだ異類的存在者たちの世界である。

 

・人々は此の世の衣食住という日常性を前提にして、此方の世界と同じ物が彼方の世界にもあるのかとくりかえし質問する。同じものを食べるのか、同じものを着るのか、そして同じように住まうのか、と。この種の質問に寅吉は常にいらいらと不快さを顕わにしながら対応する。「此方と異なることなし」とは、それらの質問への寅吉のいつもきまった答えである。だが人々のそうした質問は、彼此の同質的な衣食住という日常性のレベルに立ちながら、せいぜいその転倒ないし変形としてしか異質を、そして異界を思い描きえないことを示している。

 

・「岩間山に十三天狗、筑波山に三十六天狗、加波山に四十八天狗、日光山には数万の天狗といふなり」と、山人の住する山々はまた天狗の山々なのだ。その山人の高位者は諸山の神事を司るものとして、人々の祈願に応じることを「山周り」という。

 

・そして忙しい時には山から山へと「一事につきて数百里を、数度空行往来する」ことさえある。こうして全国の聖なる山から山へと、その間を超常的な移行力をもって往来する山人たちの異界の交通地図が描かれる。

 

・寅吉は人々の異界への想像力に応えるように師に従って空を飛ぶ。はるか地の北の果ての「夜ばかりの国」にいけば、また日本より海上四百里ばかり東方の「女嶋」にも飛んでいく。そればかりではない。人々の期待に応えるかのようにはるか天空にも舞い上がる。はるかな上空から地球を見れば、「むらむらとうす青く網目を延へたる様に見ゆるを、なほ上るまゝに段々小さくなりて、星のある辺まで、昇りて国土を見れば、光りて月よりは余程大きく見ゆる物」だと寅吉はいう。

 

<星は凝縮した気体だという寅吉の説>

・ここには人々の願いや訴えにかかわって構成されるもう一つの異界がある。それはそうした願いや訴えに応えうる救済や治癒の呪術、あるいは医療の法や薬の処方などを自在にしうる異能者からなる世界である。

 

<異界の意味論>

・人々の祈願に答え、訴えに応じる山人世界は此の現世に対して守護的な世界としてある。杉山々人のような高位の山人は人々の神への祈願に、神に代わって人々に応える存在である。そして守護的世界の山人は現世の悪徳者には懲罰をも与えるのである。

 

<篤胤的「幽界」の再構成>

・「顕界」が「目に見える世界・此の世」であるのに対して、「幽界」とは「目に見えない世界・彼の世」である。記紀神話のもつ政治的な文脈からすれば、「顕界」は皇孫としての天皇の統治に人々が服する形で構成される「葦原の中国(なかつくに)」というこの現世であり、「幽界」は皇孫の命に国譲りしてこの世を退いた大国主命が主宰する神霊たちの世界、すなわち幽世であり、「顕界」を背後にあって支え、見守る世界として位置づけられる。

 

・寅吉の語る異界・山人世界は、すでにのべたように、神々とそれと同等の神格性を具えた山人行者を最高の聖性の体現者とし、それから妖怪的な変化者を邪悪な魔性的存在とした価値的な序列を構成する世界である。この異界・山人世界は寅吉の口を通して天狗という異類的存在の世界としても語られた。その天狗たちの間にも聖性から魔性にいたるような多様な質差がある。

 

・その傾向は『勝五郎再生記聞』にも見ることができる。「彼の勝五郎を伴ひたる翁といへるこそ疑なく産土の神にて在りけめ」と、勝五郎を再生に導く翁を篤胤は産土神だとしている。さらに『勝五郎再生記聞』に付加されている篤胤の文章は氏神・産土神をめぐる事例・見聞集といってもいいものである。




私が思うこと、聞いたこと、考えること

・江戸時代の少年の寅吉は仙人に連れて行かれた幽界は「地上に似ているが大きく違う異世界」だったようです。江戸時代の寅吉の神隠しの事件は、今様に言いますと「宇宙人のアブダクション(誘拐)」事件といえるのでしょうか。戦後の米国では、あの小柄な宇宙人グレイが壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるといわれます。当時は米国のマスコミもアブダクション(誘拐)事件には大騒ぎをしたようです。人間の死後世界の幽界や霊界は割と詳しく情報があるようです。特に幽界は「人間社会と似ていますが、大きく違っている点も、幽界に慣れると分かりだす」そうです。幽界には、自分が死んだと認識していない霊もいるそうです。人間は死後、幽界に入り、天使のような異星人と遭遇して、そこで慣れた後に霊界に入るといわれます。

 

・幽界や霊界と似ている異次元世界は神智学ではアストラル界やエーテル界といわれています。アストラル界やエーテル界では都市があり、壮大な文明が存在するようです。アストラル界の住人がときどき、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)やさまざまな形態で人間の姿で地上に現れることもあるようです。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれるように非常に多くの回数、いろいろな時代、いろいろな世界で転生をしているそうです。山人は『不死の惑星』から来たのかもしれませんし、神の様な仙人「杉山山人」も今も存在するのかもしれません。

 

・高度に進化した異星人は、異次元に存在しているそうです。アストラル界やエーテル界は目に見えない世界なので通常、誰も認識してはいません。「量子力学」などを通じて「あの世」の存在が認識され始めています。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」という説もあるようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もあります。また、オリオン星人は異次元移動もできるし、異類混血などをすすめている邪悪な種族ともいわれています。オリオン大戦というスター・ウォーズも起きています。オリオン星人系列の異人が「常陸国岩間山幽界」を構成していたのかもしれません。神の様な山人が現代においても存在しているとしたら何をしているのか誰も分からないようです。

 

・天狗も異人の異類系列なのかもしれません。天狗は、異人のランクでは最低ランクともいわれ、人間的な感覚のないものもいたようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間化しており、知性的な顔をしているそうですが、昔は蛇神といわれていたのかもしれません。天狗はどのようになったのでしょうか。まだ原型が存在するのか異類混血や遺伝子操作などで変形しているのかもしれません。寅吉も仙人の案内でパラレル・ユニバース(並行宇宙)に入ったのでしょうか。

 

・はるかに進化した異星人にはアストラル・トリップ、幽体離脱が自由にできる能力があるそうです。マスター(大師)クラスは、自由自在にリラ星とシリウス星を往来できるそうです。人間も自由に幽体離脱ができるようになるには、異星人の宇宙船に乗ったりすると可能になることもあるようです。幽体離脱の超テクノロジーも異星人は持っているようです。

 

・「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-『遠野物語』第八話」、「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-『遠野物語』第三十一話」ということで、消えた人々はどのようになったのでしょうか。寅吉のようにアストラル界にでも異人により引き込まれたのでしょうか。異人も人間社会に溶け込んで誰も識別できないようになったのかもしれません。産土神の話もあり、神々の世界もパラレル・ユニバース(並行宇宙)にあるのかもしれません。

 

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 

0 件のコメント:

コメントを投稿