2014年2月13日木曜日

この世の中は「現世(うつし世)」と「幽冥(かくり世)」から成立している。しかし、かくり世からうつし世を見聞することはできても、うつし世からかくり世を見ることはできない。天狗は日本の神々のなかで最も位が低い。


 

『災害と妖怪 柳田国男と歩く日本の天変地異』

畑中章宏   亜紀書房   2012/7/24

 

 

<天狗が悪魔を祓うといまも信じられるている事>

<遠野の天狗>

・『遠野物語』29「雞頭山は早池峯の前面に立てる峻峯なり。麓の里にてはまた前薬師ともいう。天狗住めりとて、早池峯に登る者も決してこの山は掛けず」

 

29「山口のハネトという家の主人、佐々木氏の祖父と竹馬の友なり。きわめて無法者にて、鉞にて草を苅り鎌にて土を掘るなど、若き時は乱暴の振舞のみ多かりし人なり。ある時人と賭けをして一人にて前薬師に登りたり。帰りての物語に曰く、頂上に大なる岩あり、その岩の上に大男三人いたり。前にあまたの金銀をひろげたり。この男の近よるを見て、気色ばみて振り返る、その眼の光きわめて恐ろし。早池峯に登りたるが途に迷いて来るなりと言えば、しからば送りてやるべしとて先に立ち、麓近き処まで来たり、眼を塞げと言うままに、暫時そこに立ちている間に、たちまち異人は見えずなりたりという」。

 

29話の大男たちが、岩の上で金銀をひろげ、恐ろしい眼光であったという特徴しか描かれなかったのにたいして、62話のほうは大柄の僧形で、赤い衣を羽のように翻して空を飛ぶなど、現代の日本人がイメージする天狗らしさを備えている。三つ目の90話では、恐るべき「異人」としての天狗が「天狗森」にいることが記されている。

 

・この『幽冥談』で柳田が明らかにしようとしたのは、「幽冥教」すなわち、天狗信仰の歴史であった。この世の中は「現世(うつし世)」と「幽冥(かくり世)」から成立している。しかし、かくり世からうつし世を見聞することはできても、うつし世からかくり世を見ることはできない。柳田は、この二つの世界が交わるところに、天狗に代表される土俗的な民間信仰を位置づけるのである。そして神道をはじめ、キリスト教や仏教が衰微する時代には「いつでも天狗が暴れる」。「戦乱がある間際になると非常に天狗が暴れる。むしろ戦乱をもって天狗のなさしむるところだという説もたくさんある」と指摘する。

 

<天狗の定義>

・天狗にはまず、「大天狗」と「小天狗」の二種類がある。大天狗は鼻が高く、山伏のような出で立ちで高下駄を履き、羽団扇をもって空中を自在に飛びまわる。小天狗も出で立ちは大天狗と変わらないものの、烏のような嘴で背中に翼を生やしていることから「烏天狗」とも呼ばれる。

 

・今昔時代には鬼と天狗は別種の魔物だと考えられ、それぞれに偉大な勢力を振るっていた。その後「鬼党」は零落し、「幽霊亡霊」の階級まで退却したが、「天狗国」は久しく栄えて、田舎や山間を支配した。

 

・また元来、天狗というものは神の中の武人で、中世以来の天狗は武士道の精髄を発揮している。

 

・さらに「西洋でも北部欧羅巴に今なお活動しているフェラリーのごとき、その発祥地であるところのケルト民族の特性をよく代表している」として、妖精と妖怪を比較する。

 

・天狗をグヒンというに至った原因もまだ不明だが、地方によってはこれを山の神といい、または大人(おおひと)、山人(やまひと)ともいって、山男と同一視する処もある。

 

・こういった山中の怪異は、通りがかりの個人を怯えさせるものにすぎないけれど、家や町や村に火事をおこすことで、天狗は最も恐れられた。「幽冥談」の天狗が、指差すだけで穢れた村に火を放ったのも、ひとつの例である。

 

・天狗は日本の神々のなかで最も位が低いが、焼畑の火入れを守ってくれる神でもある。



私が思うこと、聞いたこと、考えること

・神智学でいう異次元のアストラル界、エーテル界には都市があり、その住人も存在するようなのです。幽霊やザシキワラシも異次元に存在するようですが、人の目に映る場合があります。異次元の存在がさまざまな形態で地上に姿を現すことがあるようです。天狗と共にいたという体験談もあり、全国に伝説のある天狗は異次元に存在したようです。アストラル界の住人が姿を現すことはアバブ・トップシークレットのようです。人間の死後の世界、幽界や霊界のような世界が異次元にあるようなのです。

 

・グレイですら異次元移動ができたようなのです。河童や天狗、異人も異次元移動をしたようなのです。高次元のマスター(大師)たちも、地上の人間とさまざまな形態でコンタクトをとるそうです。幽霊の存在は、幽霊を見た人でしか分かりません。そのようなことをオカルトといいますが、UFOの存在はUFOを見た人でしか確信がもてないようです。

 

・はるかに進化した異星人は人間の肉体や精神体に憑依することができるようです。ゲイのような人格転換がおこることもあるようです。ゲイは宇宙人の多い都市にたくさん存在するようです。堕天使のような異次元の宇宙人にゲイに人格転換されるという説もあるそうです。ゲイの存在は医学では説明できない不思議な現象です。世界的にゲイの存在を巡って社会問題となっているようです。またゲイを否定する国も多いようです。はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのでしょうか。

 

・オリオン星人のエルダーが宇宙人の交配実験をしているそうです。また、グレイを部下として使役しているともいわれています。オリオン星人は階級意識が強く、比較的緩やかなプレアデス星人とは対照的だそうです。オリオン大戦と言うスター・ウォーズがありました。それはモンスター・タイプの生物を創ったネガティブ・グループのシリウス星人、オリオン星人系列と、モンスター・タイプの遺伝子実験を禁止しようとする、人間に非常に似ているというプレアデス星人系列の連合軍との間の戦争ではなかったのでしょうか。

 

・日本にも河童、鬼、天狗と異形の者が歴史的にも存在していましたが、オリオン星人が遺伝子操作などで創造したモンスター・タイプの生物ではなかったのでしょうか。とくに天狗は最下層のものとして人格も劣り、人間が憧れる者ではないという昔話もあるようです。現代でも爬虫類的異星人(レプティリアン)やグレイが人間化してきているそうです。爬虫類的異星人(レプティリアン)はマオリッツオ・カヴァーロによると、人間タイプは非常に知性的な顔をしているそうです。

 

2種類の宇宙人種族が対立して、スター・ウォーズをしていたようなのです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ようなのです。魔神が神界では、ある程度の勢力を持っているようなのです。まるで、多くのファンタジー物語のように魔神勢力がいて善神のグループと対立、抗争するというストーリーです。堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神や天使ミカエルに反乱を起こすという「天の戦争」のストーリーです。

 

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説もあるそうです。河童がゼータ・レチクル星人系列、鬼や天狗、異人は階級意識の強いオリオン星人系列なのでしょうか。サタン(悪魔)とかルシファーという名前は、ある種の遺伝子実験に反対する科学者のグループの名前だというのですから複雑です。またリラ星人の末裔も多いそうです。天狗や異人は異次元に去ったのでしょうか。この世とかあの世、「現世(うつし世)」と「幽冥(かくり世)」、異次元とか亜空間の存在については、私たち一般人は、詳しくは分かりません。

 

・『ハリー・ポッター・シリーズ』のワーナー・ブラザーズ社の映画が世界的に大ヒットしました。書籍も世界中で4億冊も売れたようです。ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語が全世界の読者を魅了したそうです。神々について描かれた映画や本はヒットするようです。「流行り神」のように大衆は神々に敏感のようです。『ハリー・ポッター・シリーズ』もシリウス星人のネガティブ・グループとポジティブ・グループの戦いを描いた物語が基調にあるようです。必ず悪玉がいないと善玉が輝かないという映画や劇のストーリーのようです。

 

・太古の昔から宇宙人は地球に来ていたそうですが、「邪悪な宇宙生命体オリオン」についてよく言及されています。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)もオリオン星人といわれ、悪玉として描かれていますが、ハリウッド映画『MIB』では宇宙警察として描かれているようです。


・「あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。あなたは、十二宮をその時にしたがって引き出すことができるか。北斗とその子星を導くことができるか。」(ヨブ記)という一節がありますが、私たち一般人は、正確には解釈できません。おそらく、オリオンとプレアデスのスター・ウォーズに言及しているのでしょうか。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は人間の守護霊や背後霊なのだろうか」

 

0 件のコメント:

コメントを投稿