2013年12月29日日曜日

東大の大学院を出た清家新一さんという人がやっているUFOの動力研究所に以前、非常に美人の火星人が訪ねてきたことがあると本人が言っていました。親しいらしいんですよ。その火星人と、どうも。


 

 

『ニラサワさん』

韮澤潤一郎研究会  たま出版  200311

 

 

 

<UFO情報は日本でもコントロールされている>

<球型のUFOが、富士宮市上空に出現した>

・前方の富士山の方向にも、皿型の飛行物体2機が出現した。

 

<海上自衛隊の練習船上空にUFOが出現した>

・パナマ運河を通り過ぎて南米の沖を航行しているときでした。夜だったのですが、ものすごく明るく光る円盤が頭上に飛来してきまして、あたり一帯は真昼のようになりました。

 

・私は、甲板にいたのですが、仲間はみんな大騒ぎでした。

 

・それが不思議なんです。上官の人たちは、非常に冷静だったんですよ。私の感じでは、彼らは、あれが何だったのかを知っていたと思いますね。

 

・ものすごく明るく光っていました。いっとき上空に静止したと思います。音は何も聞こえませんでした。時間にして15分くらいは見え続けていて、そのうち消えてしまいました。

 

<ニラサワさんって、出版社社長ですよね。よっぽど変わった会社なのかしら?社員がみんな異星人だったりして・・・・>

・そういえば、「会社に宇宙人」ということで、一つ思い出すことがあります。会社にショールームがあった頃、黒いスーツに身を包んだ小柄な男女が、長い間、たま出版の本を見ていたことがありました。

 そこは事務所と一体になっていましたから、本を買っていってくれるなら、早くしてほしいと気になって、落ち着いて仕事ができない状態が何時間も続きました。結局なにも買わないで帰ったんですが、帰りがけに、「私たちは、四国の重力研究所から来たところです」と言ったんです。

 

・重力研究所というのは東大の大学院を出た清家新一さんという人がやっている、UFOの動力を研究している場所なんです。けっこう有名な人で、ノーベル賞候補ともいわれたくらいの人ですが、そこには以前、非常に美人の火星人が訪ねてきたことがあると本人が言っていました。親しいらしいんですよ。その火星人と、どうも。

 

・そんな遠くに行って帰ってきた旅行帰りの人にしては、お葬式に出たようなスーツを着ている。しかも、二人ともとても小柄で、年齢も見当がつかず、何時間もの間、一言も話しませんでした。ちょっと異様な感じがしたわけです。

 あとで気がついたんですが、もしかすると、この二人は映画ですっかり有名になったメン・イン・ブラック(MIB)の本物だったのかもしれませんな。

 

<クェール副大統領が「密約」の背後にいた>

・NSA(国家安全保障局)は当時CIA(米国中央情報部)を上回る権力を持っていて、彼はNSAでUFOに関する大衆操作の計画を推し進めていたのです。

 

・彼がそのとき話してくれたことで、最も印象に残っているのは、19924月にあった、NSAの一室でのことです。そのとき、部屋には20世紀フォックス社(SF超大作シリーズ『スター・ウォーズ』を作った米国の大手映画会社)の社長をはじめ、映画制作プロダクションの責任者、NSAの企画責任者及び担当者数人が額を寄せ合っていました。

 

・NSAの担当官は、シナリオの概要が書かれた分厚い資料を制作会社の責任者に渡しながら、「この映画はSFといえどもリアリティを重視してほしい。現実の事件のようにつくることが重要だ・・・」などと、説明していたそうです。

 

・この会場はNSAが宇宙人とUFOに関する映画製作を発注するという会議だったんですね。打ち合わせを終えると、担当官が電話の受話器を取り上げ、ダイヤルを回しました。彼がかけた相手はクェール副大統領だったそうです。クェール副大統領は、宇宙開発の背後で「何か」をやっているという噂の絶えない人物でした。

 

・まずUFO墜落のロズウェル事件を描いたテレビドラマ・シリーズの『ロズウェル』がありますね。20世紀フォックス社の製作です。それに日本でもずいぶん評判になった『Xファイル』、これも20世紀フォックス社の作品です。『Xファイル』はUFOと超常現象がテーマでしたね。『インデペンデンスディ』というのもありました。数え上げればきりがありません。

 




私が思うこと、聞いたこと、考えること


・CIAやNSAがハリウッド映画などで、ある種の広報活動をしていることは有名な話だそうです。映画を見ながら大衆の潜在意識になにかを刷り込んでいくのだそうです。フットボール球場くらいの大きさのUFOの目撃も多数報告されているようですが、自由自在に消えたり現れたりする超科学には驚愕します。バミューダ・トライアングルの現象・事件は、フットボール球場くらいの超大型のUFOが原因だったようです。
バミューダ・トライアングルの事件は、その海域で船舶や航空機の消失事件がよく起こったことをさします。
遠隔透視の米国のマクモニーグルによると「1966年にバハマでフットボールのグランド3つ分はありそうな円形の物体が、高さ400メートルで浮かんでいるのを見た」と報告しています。

 

・南米のアンデス山中では、キリストの星から来たアプ星人とのコンタクト話もあるそうです。アプ星人が国際連合の設立に動いたとも言われているそうです。異星人も人間も想像以上に転生しているようです。米国では火星人も少数来て住んでいるともいいわれ、金星人とのコンタクト話もあります。火星や金星といいますと、探査衛星による砂漠のような地形を思い浮かべますが、金星や火星の異次元に壮大な文明が存在し、異次元に都市があるそうです。異次元に神々の都市もあるそうですが、「異次元」の話になると私たち一般人は、わけが分からなくなります。異次元の金星の大長老も様々なかたちで人間の姿を装い地上に登場しているともいわれ、不思議な現象だそうです。

 

・清家新一氏は2009年に亡くなりましたが、学者でUFO研究家だったそうです。1973年に宇和島市の三島神社下に「重力研究所」(現「宇宙研究所」)を設立してUFO研究や宇宙人の研究に本格的に取り組んだようです。「あまりに進みすぎた科学者」悪く言えば「マッド・サイエンティスト」だったそうです。当時の多くの学者が「あまりにも先に進みすぎている」と感じたのでしょうか、阻害されていたようです。また当時の大平総理から補助金をもらったという逸話もあったそうです。現在の学者でもUFOの動力などの研究を個人的にしている人もいるのでしょうか。「UFOのような非科学的なことを研究するな」といわれて阻害されているのかもしれません。昔はUFOを研究すると学者生命を絶たれる時代、タブーだったのかもしれません。タブーに触れたくない日本人のメンタリティのようです。

 

・ウィキペディア(フリー百科事典)によれば「本人の弁によれば学生時代に火星人の女性からの手紙を受けとったという」とのこと。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」といわれるように、遥かに進化した宇宙人、天使のような異星人は、人間の肉体や精神体に憑依し社会生活体験を知覚しているそうです。「神々は憑依などで市井のひととなり普通の生活をしているので誰も識別できない」そうですが、人間の肉体や精神体に憑依しているということでしょうか。

 

・米国のエリア51という秘密基地ではUFOの動力が解明され、地球製のUFOが完成されているという与太話もあるそうです。米国でも何でもアバブ・トップシークレット扱いだそうです。

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」


0 件のコメント:

コメントを投稿