2013年12月24日火曜日

ベンチャービジネスの生存確率は2年で73%、6年で37%、10年で9%といわれる。「いかに成功するか」以上に「いかに失敗しないか」「いかに落とし穴にはまらないか」を考え抜き準備をすべきである。


 

 


『トップMBAの必読文献』

ビジネススクールの使用テキスト500

グローバルタスクフォース社     東洋経済新報社 2009/11/19

 

 

 

・MBAの学習目的は「仕事における意思決定の場面」で、「偏った判断」をしないために必要な主要領域(ビジネスの前提)を「浅く広く」理解することです。

 

・実際、MBAでも決して専門知識の深堀りは、重視されていません。ゼネラルマネジャーとして意思決定を行う状況を幅広い視点で理解することが重要だからです。

 

・ビジネススクールでは、1つの授業につき数冊の書籍が指定され、それぞれ数百ページある書籍が挙げられるため、それが1日3科目や4科目の学習ともなると、軽く十数冊に膨れあがることになります。しかも国内外ビジネススクールの指定書のほとんどは英語です。

 英語の不慣れな日本人がこれを真剣に一語一句精読しようとすると、1日23冊読んだだけで終わってしまうことになります。

 

<『ベンチャー創造の理論と戦略』ジェフェリー・A・ティモンズ ダイヤモンド社>

<起業機会探索から資金調達までの実戦的方法論>

<本書のメッセージ;ベンチャー企業のほとんどは生き残らない!>

・ベンチャービジネスの生存確率は2年で73%、6年で37%、10年で9%といわれる。「いかに成功するか」以上に、「いかに失敗しないか」、「いかに落とし穴にはまらないか」を考え抜き、準備をすべきである。

 

<アントレプレナーシップ(企業家精神)に必要なものはリーダーとしての思考・行動様式!>

・リーダーとして全体性を持って組織を率いる思考・行動様式を貫くこと。新たな価値を創造する重要性を認識することが必要。

 言うは易しであるものの「完璧よりも効果を優先する」、「失敗を学習の課題に利用する」、「自分が世の中を変えると信じて疑わない信念」などの日々の実戦が成否を分ける。

 

<「起業機会」イコール「アイデアの創出」ではない!>

・起業機会とは単なるアイデアを思いつくことではなく、高付加価値の製品やサービスを確実に提供するなどのプロセスを確立できること(技術シーズが起業機会ではない)。

 

<「革新的技術」は、十分条件にはならない!>

・最も重要なのは、創業者と経営チームである。

 

<「優れたアントレプレナー」イコール「カリスマ経営者」ではない!>

・必要なものは「チームワーク」であり、そのチームワークにより他のチームメイトの仕事を容易にし、パートナーや主要な構成員からヒーローを生むことができる。

 

<独りよがり経営では続かない!>

・パイ自体を大きくすることにより、顧客、仕入業者、チームの様々な利害関係者など、すべてに利益をもたらさない限り継続的な成長は見込めない。

 

<拡大前にルール、制度類の整備が不可欠!>

・多くの場合、経営メンバーの結束は壊れる。経営チームのメンバーが結束し続けるために、「報奨、給与、インセンティブ」などの制度は、事業規模にかかわらず重要であり最初の段階で明確にしておく必要がある。

 

<資金調達の交渉での課題>

1、   共同売却条項―公開前に投資家が所有株式を譲渡できる。

2、   反希薄化条項―当初払込価格より低価格で株式譲渡が行われたとき、先行投資した投資家が無償で株式を受け取れる。

3、   ウオッシュアウト・ファイナンシングー既存の優先株主が増資(追加投資)に応じない場合、大量の資金調達ですべての投資家、起業家の持分を希薄化。

4、   強制買収―経営陣が一定の期日までに買い手を見つけられない場合、または公開できない場合、投資家があらかじめ合意された条件で買い手を探せる。

5、   強制公開権―3年から5年の期間の中で投資家が少なくとも1回のIPOを要求できる。

6、   相剰公開条項―投資家にIPOで株式を売却する権利を与える。

7、   優先株式の強制償還―IPOが失敗した場合、強制償還で投資家の優先株式を買い取る義務をつくる。

8、   キーパーソンの保険―会社がキーパーソンの生命保険加入を強制する。受取人は会社が優先株主。

 

・「大多数のベンチャー企業の多くは市場から去って行く」、(「失敗は法則」であり例外ではない!)と読者に安易な起業に警鐘を鳴らすなど、非常に現実的な視点と地に足のついた信念をもとに、ベンチャー経営の神髄を教えてくれる名著だ。




私が思うこと、聞いたこと、考えること

・MBAも毎年、大量生産されるそうで、社会に出てから選抜が始まるそうです。「クラスは皆ライバル」と言う競争社会だそうです。実業界からの需要も減っているのでしょうか。ベンチャーの生存率も10年で1割という事で厳しいようです。ファイナンスも新機軸が考えられ、いろいろな手法が導入されているようです。大手証券会社がデリバティブの失敗でリーマンショックが起きましたが、ビジネスの面ではアメリカが世界をリードしているそうです。

 

・私たち一般人は、ベンチャー業界に関しては詳しくありませんが、ニュービジネスも今は厳しい環境のようです。「『失敗は法則』であり例外ではない」ということで、殆どが失敗するでは、MBAの必要性も少ないようです。日本でもMBAのサバイバル状況はどのようなのでしょうか。ベンチャーは資金調達の仕組みづくりが重要だそうです。革新的な技術も開発が難しくなっているようです。

 

・「フリーメーソンでないとビジネスがうまくいかない」とも言われる「フリーメーソンが作った国」アメリカでは、現在はその組織はどのようになっているのでしょうか。

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ


・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」


0 件のコメント:

コメントを投稿