2013年8月3日土曜日

中国は「多くの人民を食べさせる」ことが、指導部にとって常に命題であり、その問題をクリアしなければ政治を行う資格がないからだ。中国人民を追い詰め、生活苦が蔓延すれば、その瞬間、王朝は倒れる運命にあるのだ。


 

 

『中国がもくろむ世界支配の正体』

ライジング・ドラゴンの野望     

ベンジャミン・フルフォード   扶桑社 2008/7/30

 

・「北京オリンピック後にバブルが弾け、中国の高度成長は終わる」、「今後も都市部と農村部などの国内矛盾が拡大し共産党政権はもたなくなる」「少数民族の反抗が収まらず、いずれ国が分裂する」などなど、否定的な材料を挙げれば枚挙に暇がない。

 

<「要素価格均等化定理」のメカニズム>

・途上国の一部で生活水準が上がっているのに対し、先進国の一部でそれと逆の現象が起きているのである。なぜそうなるかというと、経済学でいう「要素価格均等化定理」が作用し始めているからだ。これは「貿易できない生産要素(賃金や地価など)の価格も、生産物が貿易されることによって、国際価格に均等化する」という理屈である。

 

・この定理は、少し前まで「非現実的」とされていたのだが、冷戦が終わったことで状況が大きく変わってきた。

 

・すなわち、先進国と中国やインドとの間で物価や賃金が接近しているわけだが、これまでの経済格差が大きかった分、中国・インドの人々はより豊かになり、先進国の人々の収入は減るという結果に繋がっているのである。

 

<最大の課題は「食わせる」こと>

・中国は「多くの人民を食べさせる」ことが、指導部にとって常に命題であり、その問題をクリアしなければ政治を行う資格がないからだ。中国人民を追い詰め、生活苦が蔓延すれば、その瞬間、王朝は倒れる運命にあるのだ。

 

・農村出身の「民工」(出稼ぎ労働者)や「打工妹」(働く少女たち)たちの困窮に関するエピソードは、枚挙に暇がない。いまや中国の都市と農村の所得格差は世界最大といわれるが、そのことは中国当局自身が認めている。

 

・「改革、開放以来、我々は、都市と農村の収入格差を本当に縮小することに役立つ政策や制度を打ち出したことがない。理解しがたいのは、一部の改革や制度が都市と農村の分割をさらに激化させていることだ。農村が社会の『弱勢群体』化している」。中国における人件費の驚くべき安さは、こうした都市・農村の格差が原因になっている。これを放置すべきでないことは、中国当局とてよく分かっているはずだ。

 

<中国の環境汚染による経済損失はGDPの3%以上>

・世界銀行が中国政府と共同で行った数年間にわたる調査の結果、中国の大都市部を中心に、毎年75万人が環境汚染(主に大気汚染)のせいで早死にしていることが、判明したが「社会不安を起こしかねない」という中国政府の求めで、既述の3割近くが報告書から削除されていたというものだ。

 

・環境汚染・国内格差・人口問題の「三重苦」をどのように解決するか、はっきりとした道筋を描き出せていないのである。

 

・破竹の勢いで、成長を続ける「ライジング・ドラゴン」は、世界に新たな明日をもたらすかもしれないパワーを秘めていると同時に奈落の底へ突き落す危険性をも内包している。

 



私が思うこと、聞いたこと、考えること

・中国や北朝鮮では、国内の食糧問題が深刻な時代がありました。「食えなくなったテロリストが容易に自爆テロに走る」ともいわれますが、自爆テロ型の核戦争も想定されているそうです。

 

・環境汚染・国内格差・人口問題の「三重苦」は中国共産党でも容易に解決できない問題のようです。中国共産党は体制維持のためにさまざまな政策を取ることでしょう。しかし、誰の目にも失敗に終わる時、対外戦争に打って出る懸念が述べられております。中国の経済破綻が混乱に終始すると、世界経済にどの程度の影響を与えるかわからないそうです。

 

・環境汚染の問題も大気や水の問題が年々、深刻になってきているようです。また、「要素価格均等化定理」によると、先進国の労働者の一部において待遇が悪くなる現象が説明できるそうです。極端な格差が暴動を招き、それがひどくなると内乱となり、台湾進攻が発動され、それが核戦争になる可能性も専門家の間では、否定できないことだそうです。中国については陰険な本が多く、面白くありませんが。

 

********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバ

(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」

UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿